頭皮の色って何色が正解?〇〇色の頭皮は薄毛のリスク!

頭皮の色による健康状態の違い!薄毛を引き起こす頭皮の色は

普段、頭皮の色を意識することはあまりないと思いますが、頭皮もお肌の一部で会ってみれば、色によって健康状態に差が出ています。

では、健康な頭皮の色と、不健康な頭皮の色はどう違うのでしょうか。

まず、健康な頭皮の色は青白い色をしているということができます。

顔の場合、青白いと「顔色が悪い」などと言われますが、頭皮には直接日光のあたることが少ないため、青白い程度が健康な状態なのです。

では、反対に不健康な頭皮の色とはどのようなものがあげられるのでしょう。

まず、頭皮の色が白い場合、頭皮の乾燥が考えられます。

頭皮が乾燥すると、外部の刺激から頭皮が守られなくなり、薄毛のリスクが上昇します。

逆に、頭皮が乾燥することによって、身体が頭皮を守ろうとし、かえって皮脂の分泌量が増えることもあります。

このような肌のことを混合肌と呼んでおり、脂性肌と勘違いして誤ったヘアケアをおこないがちです。

また、頭皮がピンクっぽい色をしていたり、赤みがかっていたりするのも問題です。

頭皮がピンクっぽい色をしている場合、頭皮のあれている可能性があります。

特に女性の場合、ヘアカラーやパーマ、洗浄力の強いシャンプーなどによって頭皮にダメージを与え、炎症を起こしている可能性があります。

頭皮が赤い場合、さらにダメージが深い可能性もあります。

髪の毛の分け目をいつも一緒にしていると、日にあたる部分が日焼けしてしまい、牽引性脱毛症を誘発する可能性もあります。

あと、頭皮が黄色っぽくなっている場合、ストレスがたまっている可能性もあります。

顔の場合は青白い色になりますが、頭皮の場合は黄色っぽくなるケースが多いようです。

ストレス状態が継続すると、新陳代謝が不活発になるため、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまいますし、睡眠の質が低下するため、身体自体にも疲労を残してしまいます。

 

薄毛にならないために頭皮の色の改善法

頭皮の色を改善するためには、まず、なぜ自分の頭皮の色が悪くなっているのかを知ることです。

頭皮がピンクや赤っぽくなっているのであれば、シャンプーを天然由来の優しいものに変えてみましょう。

また、紫外線のダメージから頭皮を守るため、通気性のよい帽子をかぶるようにしましょう。

通気性の悪い帽子をかぶってしまうと、紫外線からは頭皮を守れますが、頭皮が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。

頭皮が乾燥して白くなっている場合も、洗浄力の強いシャンプーの使用は控えましょう。

また、髪の毛を洗ったあとに、頭皮専用の保湿剤を塗布することも有効です。

ストレスによって頭皮の色が悪くなっている場合には、生活習慣を見直して睡眠をしっかりとり、適度にストレスを発散するよう心がけましょう。

ただ、睡眠をしっかりとろうと思うと、かえって寝付けなくなるようなこともありますよね。

そんなときには、以下に紹介する2つのことを試してみてください。

1つ目は、朝起きた時間の14時間後に、照明を一段階落とすというものです。

それによって、自然な眠気が訪れます。

もう1つは、頑張って早起きして朝日を浴びるという方法です。

早朝の朝日を浴びることで、乱れてしまった体内時計がリセットされます。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る