薄毛の原因はもしかしてこれ?女性に起きる男性型脱毛症の原因と対策法

薄毛の原因はもしかしてこれ?女性に起きる男性型脱毛症の原因と対策法

女性と男性の薄毛になるメカニズムは通常異なりますが、近年、女性の男性型脱毛症(AGA)の悩みを抱える女性が増加していると言われます。

なぜ、女性に男性型脱毛症が起こるのでしょうか。

男性型脱毛症(AGA)と区別する為に、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれることがあります。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

血液中の男性ホルモン(テストステロン)が毛根にある毛乳頭に入ると、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化し、このジヒドロテストステロンが毛母細胞に入り込むと、毛母細胞の細胞分裂が活発に行われず、発毛を妨げます。

ヘアサイクルは乱れて髪の成長期が短くなる為、成長する前に抜けてしまい、抜け毛や薄毛の原因になるのです。

毛乳頭に男性ホルモンが入り込むのは、男性ホルモンを受け入れる受容体を持っているかどうかで変わりますが、受容体のあるなしは遺伝によると考えられています。

女性にも男性ホルモンは存在しており、テストステロンやジヒドロテストステロンが毛髪に影響するメカニズムは男性と同じです。

男性のAGAと女性のFAGAと異なるのは、女性ホルモンの影響によります。

AGAとFAGAを区別する理由

男性型脱毛症(AGA)と女性男性型脱毛症(FAGA)は、脱毛の仕方が異なり、男性の場合は頭頂部と前頭部の髪の生え際など局所的に薄くなる特徴があります

これに対して女性の場合は、髪が細く弱ってきて頭髪が全体的に薄くなります。

AGAは進行性であり放っておくと髪は減少し続けますが、FAGAはそんなことはありません。

FAGAの女性ホルモンの減少によって起こる症状には、ホルモンバランスを整えることが大切になる為、女性ホルモンを増やすイソフラボンなどの食材を積極的に摂ることと、ストレスの軽減を図るために生活習慣の見直しが必要になってきます。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る