ヘアケアアイテムの天然香料と合成香料の違い

シャンプーの香りがふわっと漂う女性はなんだか素敵ですよね。ヘアケア商品の中には一日香りが持続するものなどもあり、いかに香りが重要視されているかわかります。しかし、あまりにも多様な香りとその持続効果を見ていれば、何を原料にしているのだろう、健康に害はないのだろうかと心配になる方もおられるのではないでしょうか。

香りには大きく分けて天然香料と合成香料とがあります。その両者の違いと特性を知ってヘアケア商品を買う参考にしたいですね。

 

ヘアケアアイテムの天然香料とは

天然香料とは自然界の物から抽出される香料です。天然香料基源物質リストなるものが存在しており、それに記載されている物質から抽出されたものです。

植物と動物から得られるものですが最近では植物が大半を占めています。植物由来の天然香料は原料の出来不出来により値段が大きく左右されたり、原料から抽出できるものはごくわずかなので値段が高いという点が挙げられます。

 

ヘアケアアイテムの合成香料とは

合成香料とは石油化学製品などを原料として合成されたものと、天然香料から利用価値が高いものを除いたものなどがあります。いくつかの合成香料や天然香料を組み合わせて香りを作ったものも合成香料とよばれます。

合成したものなので天然香料に比べて価格が安定しており安価なのが特徴です。

 

自分の体質に合ったものを選ぶ

ネット上などでよくみられるのが、ヘアケア用品の合成香料を厳しく批判する意見です。しかし、これは表面的な知識です。自然由来の天然成分は何でも体に良くて合成は危険というのは一種の思い込みです。

自然の杉の花粉で花粉症等アレルギーをおこすことを考えてください。天然香料に当人にとってアレルギーを起こす物質がふくまれている場合天然香料でも危険、ということになります。

天然の場合、すべての物質を正確に把握することが難しいのでアレルギー特定も難しいのです。もちろん天然香料は合成香料には出せない独特の香りや、精油のように香以外の効能効果があるという利点もあります。

逆に合成の場合はすべての物質を調べる方法があるのでアレルギーなどをお持ちの人は自分の体質に合わせて選ぶことができます。

天然だから安全、合成だから危険とういう事ではなく、香にはリラックス効果などもあるので好みや体質に合ったものを選ぶことをお勧めします。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る