女性の髪は30代をピークに細くなる

女性の髪の毛が細くなる原因

年齢を重ねるにつれ、髪の毛は徐々に細くなるものですが女性は35歳前後をピークに、ゆるやかに髪の毛が細くなると言われています。

人間は年齢を重ねるうちに新陳代謝や細胞の活性が衰えだすため健康な太い髪の毛が育ちにくくなってしまうのです。

健康な髪の毛を育てるために必要な、栄養を頭皮に送る血液の循環も悪くなり血管自体も老化していくため、次第に弱々しく細い髪の毛が増えてしまいます。

また加齢によって、女性ホルモンの分泌が減少することで髪の毛がやせ細り、ハリやコシがない弱々しい毛髪が目立つようになるのです。

女性ホルモンには、髪の主成分となるコラーゲンを生成するのに重要となるエストロゲンというホルモンがあり、その分泌量が減少することで髪の毛や血管だけでなく肌や骨、関節といった全身のあらゆる部分が劣化してしまうのです。

髪の毛が細くなるのと同時にハリやコシもなくなりやすいため根本のボリュームが出にくく、若いころのようなお洒落なヘアスタイルが決まりにくくなります。

さらに進行していくと、髪の分け目が太く目立つようになり黒い髪の間から地肌が透けて見え、全体的に老けた印象となるため早めの対策が重要です。

こういった髪の毛の曲がり角にきちんとしたケアを行うかどうかによってその後、健康な髪の毛を維持できるのか、薄毛に悩まされるのかに大きく分かれると言えるでしょう。

 

太く元気な髪の毛を育てる方法

年齢とともに細くなっていく髪の毛に歯止めをかけるためには少しでも早い段階から正しい頭皮ケアを行うことが重要です。

髪の毛が細くなる原因として、血管の老化があげられますが血管は頭皮のすみずみにいきわたっていて範囲が広いため

ここを改善することで太く元気な髪の成長が期待できます。

年齢を重ねた女性は、末端冷え性などで血流が悪くなっている人が多くその結果、頭皮に必要な栄養を送り届けることができなくなっている可能性があります。

特に髪の毛というのは心臓などの臓器機能と比べて、身体にとっての重要度が低いため血流や栄養不足はそういった末端の部分ほど顕著に表れやすくなります。

そこで、頭皮まわりの凝り固まった血管をほぐし、血流を良くする頭皮マッサージがおすすめです。

指の腹を使って、耳の後ろやこめかみ、頭全体をゆっくりともみほぐしましょう。

お風呂上りなどの体が温まっている状態で行うとより血管が開きやすく血流が良くなりやすいのでおすすめです。

また、髪の主成分であるタンパク質やミネラルといった栄養素をバランスよくとることを意識し、栄養価の低いジャンクフードは控えましょう。

その他にも、良質な睡眠をしっかりとることと、ストレスをためないことは健康な髪の毛を育てるために必須です。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る