10代、20代、若年性の薄毛の原因はストレスとダイエット

髪は女の命と昔からよく言われますが、最近の多くの若い女性にとって若年性の薄毛が深刻な悩みとなっています。一般に女性ホルモンの低下、老化による薄毛が始まるのは40代後半からですが、近年10代から30代の普通は薄毛にならない年齢で起きる若年性薄毛が多くの方のストレス原因となっています。

 

若年性薄毛の原因は、ストレスによるホルモンバランスの崩れ

若年性薄毛の大きな原因の一つはホルモンバランスの崩れです。ストレスが多く常に緊張状態にある場合、自律神経が乱れホルモンバランスの崩れを引き起こします。そして、髪の一本一本も元気がなくなってしまいます。

また、睡眠不足、睡眠の質の低下も理由として挙げられます。髪の成長には成長ホルモンが深く関わっており、成長ホルモンは眠っている間に活発に分泌されます。十分な睡眠が取れないと、成長ホルモンも十分に分泌されず新しい髪が生えてこなくなるので、抜け毛の分だけ毛髪が少なくなってしまうのです。

 

無理なダイエットも薄毛に影響

しかし、一番大きな原因はやはり無理なダイエットなどによる栄養が偏りでしょう。髪の主成分はタンパク質でなので、豆製品や肉、魚を含む食事は欠かせません。その他ミネラル、ビタミンなどもまんべんなく取り入れることで美しい髪が保たれるのです。

日々の忙しい生活の中でもストレスフリーを心がけ、食事にも気を付けて、内側から綺麗な体を作るよう心掛けましょう。そうすれば、必ず髪も美しくなります。若い時期だからこそ、女の命、守りたいものですね。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る