髪の抜け毛は気にするべき?

ブラシ選びのポイント

髪は抜けて、新しい髪の毛に生え変わる。当たり前のことでも、髪の毛をとかしたとき、シャンプーをしたとき、ごっそり抜ける髪の毛にショックを受けますよね。

でも、抜け毛はあまり気にする必要がありません。髪には生え変わるサイクルがあるので、髪が抜けるのは必然なことなのです。

皆さんは、髪の長さには限界があるとご存知ですか?

ごくまれに毛髪が伸び続けて2メートルぐらいになり、ギネスブックにのるような方がいますが、それはめったにない例外。一般的には腰ぐらいまでの長さが限界です。それが、「髪の生まれ変わり」のサイクルなのです。

髪には一定の寿命があり、女性なら4〜6年、男性なら2〜5年が目安です。髪全体の10%〜20%は眠っている状態、いわば「休眠期間」です。この時期に髪は抜けて、3〜4ヶ月後に新しい髪を作り出します。

髪のダメージは、切ってリセット

髪のダメージは切ってリセット

ですから、髪のダメージがひどかったり抜けたりしても、大丈夫。平均すれば一日100本くらいは抜け、そして新たな髪が生えてきます。

肌はシミやニキビ痕などができてしまうと治すのが大変ですが、髪はひとりでにリセットする力があります。今ある髪がトラブルを抱えていても、それは切ってしまえばいいだけなのです。

新たな髪が育ったり生え変わったりすれば元気なバージンヘアが生まれるのです。

抜け毛は気にする必要はありません

ちなみに原因はまだ解明されていないのですが、秋には抜け毛が増え、抜け毛が少ない春と比べて3倍にもなるというデータもあります。

ですから、抜け毛があるのも、その本数が季節によって変動するのも自然なことなのです。「毛が抜ける」ということはあまり気にする必要はありません。

それよりも、新しい髪が生えてくる環境が整っているか、頭皮がふかふかで健康かどうかを気にすることのほうが大事なのです。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る