飲酒が原因!?女性に与える薄毛ダメージ

飲酒が原因!?女性に与える薄毛ダメージ

髪の毛にお酒の影響があるなんて、「全く別物でしょう?」と考えてしまいます。

お酒を飲んでストレス解消しているんだし、血行も良くなるんだから、お酒は人に迷惑かけなきゃいいのでは?と思いたいのですが、実は、薄毛の原因になるようです。

アルコールが薄毛につながるメカニズム

飲んだお酒が肝臓で分解される時、毒性を持つ「アセトアルデヒド」という物質を生成します。

毒性があっても最終的には解毒効果で、無害な「酢酸」に代謝されるのですが、この過程で大量のビタミンやアミノ酸を消費しています。

アミノ酸は髪の毛に必要なシステインやメチオニンといったタンパク質を多く含み、ビタミンB、亜鉛などの栄養素も必要です。

アルコール(アセトアルデヒド)を分解する時に、髪の成長に必要な栄養を使ってしまい、
毛母細胞の活性化に影響を与える亜鉛は、皮膚や粘膜の健康な維持を助け、たんぱく質や核酸の代謝に関係します。

亜鉛が不足すると頭皮の新陳代謝が鈍って、ヘアサイクルの停滞につながり、薄毛が加速することになります。

過度な飲酒がもたらす髪への悪影響!

お酒の飲み過ぎると「アセトアルデヒド」の分解が間に合わず、血中を循環することになります。

アセトアルデヒドは睡眠を妨げ、成長ホルモンの分泌に影響を与えます。

血中に流れ出たアセトアルデヒドは、薄毛の原因物質「ジヒドロテストステロン」を増加させます。

ジヒドロテストステロンは、脱毛を促す原因になる男性ホルモンで、お酒が薄毛の原因と言われる所以です。

過度の飲酒は、薄毛のみならず、体に悪影響を与えています。

健康的な生活を送る為にも、過度の飲酒は控える方が賢明でしょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る