間違いがちな女性の薄毛対策!ケアしているつもりが逆効果

薄毛対策として間違っている方法

男性だけでなく、女性にとっても、薄毛は重要な問題ですよね。

髪の毛は女性にとって、美しさの象徴でもあるので、抜け毛の量が増えてくると、精神的に焦ってくることとなります。

そこで薄毛対策を講じる訳ですが、インターネット上には誤った情報もたくさんあるので注意が必要です。

まず、いまさら信じている人は少ないと思いますが、かつて、「叩けば生える」といって、ブラシでトントンと頭皮をたたくという方法が、真面目に実践されている時代がありました。

頭皮を叩いて血行を促進するという発想なのでしょうが、頭皮に限らず、お肌にとって摩擦は最大の的です。

ブラシでトントンと叩くなどもってのほか。

かえって頭皮を傷つけて、頭皮環境を悪化させてしまいます。

また、頭皮を清潔に保とうと、シャンプーで頭を洗いすぎるものNG。

シャンプーの洗浄成分によって、頭皮を守るのに必要な皮脂まで洗い流すことになり、やはり頭皮環境が悪化して、抜け毛が増えてしまいます。

あと、薄毛を改善する目的でヘアサロンに行く人もいると思いますが、ヘアサロンは素人がおこなっている、「なんちゃって発毛」に過ぎません。

そもそも、発毛治療をおこなえるのは国家資格を持った医師だけです。

 

薄毛を治すために必要なこと

薄毛を本気で治したいのであれば、ヘアサロンなどに頼るのではなく、薄毛を専門としている病院やクリニックを受診するのが一番です。

なぜなら、病院やクリニックでは、薄毛を改善するための「治療行為」をおこなっているからです。

薄毛の原因は実にさまざまなので、まずは原因を特定することが重要となります。

薄毛を専門としている医師はその道のプロフェッショナルなので、その人にあった治療法を提案してくれます。

基本的に、病院やクリニックでは投薬治療によって、薄毛の改善を図ります。

女性の場合、ミノキシジルやパントガールによって、薄毛の改善を図るのが一般的です。

ただ、医薬品の服用に合わせて、生活習慣の見直しも提案されることとなります。

なぜなら、薄毛は普段の生活習慣によって、よくもなれば悪くもなるからです。

たとえば、過度のダイエットによって栄養不足に陥っていると、抜け毛のリスクが上昇することとなります。

また、普段の洗髪習慣によって、抜け毛のリスクが上がることもあります。

たとえば、朝シャンなどもその1つです。

朝シャンプーをすると、頭皮を守るべき皮脂が失われ、紫外線の悪影響をもろに被ることとなります。

あと、市販のシャンプーには合成界面活性剤など、頭皮にとって良くないものが含まれているので、薬用シャンプーに切り替えることも重要です。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る