薄毛に良いの悪いの?女性の帽子と薄毛の関係

薄毛に良いの悪いの?女性の帽子と薄毛の関係

髪に隠れた頭皮は青白い色をしているのをご存知ですか?この色が本来の頭皮の色です。

しかし、髪の分け目や生え際の頭皮は薄茶色や赤茶色になっていることがあります。

頭皮も顔や身体と同じように、紫外線によって皮膚が日焼けして乾燥してしまいます。

髪の毛は日焼け防止のUV剤でケアしますが、これでは頭皮の日焼けは防げません。

頭皮の日焼け予防になる帽子はどう選ぶ?

頭皮を紫外線から守ることは、健康な髪の為にも大変大切なことです。

紫外線が強くなる5月以降の外出時には、日傘や帽子をかぶることで頭皮の日焼け予防に努めたいものです。

帽子は日傘のように手が塞がらないので便利ですが、どうしても頭を締め付けたり蒸れてしまうことが有ります。

帰宅すると、その日の整髪料を取る為に髪をゴシゴシ洗って、また熱風です。

ゆるめサイズの木綿素材や麦わら帽子など、通気性があって締め付けないものを選びます。

帽子は被ったままで過ごさないように、室内や木陰などでは脱いで汗で濡れたままにしないようにこまめに頭皮に風を通すようにしましょう。

帽子が抜け毛・薄毛の原因になるの?その対策は?

帽子を長時間被り汗に濡れたままにしておくと、頭皮の常在菌を繁殖させニオイの原因になります。

また、湿ったままの頭皮は汗と一緒に出た皮脂によって毛穴が詰まり、雑菌が繁殖して頭皮環境を悪くし、抜け毛の原因になってしまします。

紫外線予防のためだけでなく、寒さが厳しく時やファッションの為に毛糸の帽子をかぶったまま一日中過ごす人がいます。

夏の帽子もですが、冬の帽子も長時間やきついサイズは頭部への血行を悪くして、髪の成長に必要な血流や栄養素をうまく運べない状態にしてしまいます。

そうなると栄養、酸素、血液不足から抜け毛のリスクが高まることになります。

抜け毛は薄毛の原因になるので、頭皮環境を快適に保つ事が必要です。

・通気性の良い素材の帽子を選ぶ

・被ったままにせず、こまめに脱いで汗をふく

・ゆったりサイズを選んで、頭を締め付けないようにする

これらを守って、紫外線予防と頭皮環境に配慮した帽子のかぶり方をしましょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る