薄毛になると髪はダメージに弱くなる!薄毛に悩む女性がやるべきツヤ対

ツヤのある女性の髪

ツヤ髪対策をする前に知っておきたい髪の毛の構造

 薄毛になると髪はダメージに弱くなるのでしょうか。

それを知るためには、まず髪の毛の構造について理解しておきましょう。

髪の毛の構造を知ることで、効果的にツヤ対策ができると思いますよ。

髪の毛1本1本は、それぞれ三層構造になっています。

もっとも表面にあるのが、皆さんもよくご存じのキューティクルです。

魚のうろこのような半透明のキューテュクルが、髪の毛の外側を覆っています。

キューティクルの主成分はタンパク質で、キューティクルを守るために、「MEA」が存在しています。

MEAとは、18-メチルエイコサン酸のことで、髪の毛のもっとも表面に存在しています。

MEAは摩擦によるダメージに弱く、髪の毛に対する摩擦が繰り返されることで、MEAが損なわれ、結果として髪の毛からツヤが失われることとなるのです。

キューティクルの内側には、コルテックスと呼ばれる線維状のたんぱく質が存在しています。

コルテックスは、髪の毛の85%から90%を占めるとされており、コルテックスの水分含有量によって、髪の毛の柔軟性が決まります。

髪の毛のもっとも内側には、メデュラと呼ばれるやわらかなたんぱく質が存在しています。

メデュラに外的刺激が加わると、空洞ができて、髪の毛が色あせてしまいます。

薄毛になると、物理的なダメージにさらされやすくなるため、さらにダメージに弱くなるという悪循環に陥るのです。

 

薄毛に悩む女性がやるべきツヤ対策

 一般的に、髪の毛のツヤをキープするためには、キューティクルの状態を良好に保つことが重要だと考えられています。

ただ、先ほども述べたように、髪の毛のもっとも表面にあるのはMEAと呼ばれる脂質成分です。

MEAは脂質成分なので、キューティクルを保護しつつ、髪の毛にツヤを与えてくれるのです。

そして、MEAにとって大敵なのが、髪の毛に対する摩擦です。

そのため、髪の毛を洗うときには地肌をマッサージすることを意識し、髪の毛同士が過度に擦れあわないように気をつけましょう。

また、髪の毛を洗ったあとは、タオルに水を含ませるようなイメージで、優しく拭くように心がけましょう。

そのような洗髪習慣自体が、女性を薄毛から守ってくれることとなります。

男性とは異なり、女性の薄毛は生活習慣や洗髪習慣、食習慣などに依拠するケースが多いようです。

そのため、生活習慣を見直したり、髪の毛の洗い方を改善したり、シャンプーを刺激の少ないものに変えたり、食習慣を見直したりすることによって、薄毛を改善することが可能となるのです。

髪の毛の量が減ってしまえば、髪の毛のツヤも失われてしまいます。

つまり、薄毛対策自体が、髪の毛にツヤを取り戻す手段となるのです。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る