薄毛になりやすい女性のヘアケアと生活習慣

ヘアケアが原因で薄毛になる女性の特徴

女性が薄毛になる原因のほとんどは、遺伝や体質といった生まれつきのものではなく日々の生活が関係していると言われています。

その中でもヘアケアが習慣が原因で薄毛になりやすい女性は多いです。

例えばカラーリングやパーマなどの薬品によるダメージで髪の毛と頭皮が弱ってくると薄毛の原因になってしまいます。

できるだけ髪に優しい成分の薬品を使っている美容院を選んだり、薬品を使う頻度を下げるなど髪の毛と頭皮を労わることが大切です。

特にブリーチは一度髪の色を漂白した上でカラーを入れるため非常に髪の毛のダメージが大きいです。

極力激しいブリーチは控えて、自然なカラーリングを選びましょう。

また、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しによって頭皮の毛穴がつまってしまい、炎症やかゆみを引き起こす場合もあります。

炎症などで頭皮の環境が悪くなると、薄毛の原因になりうるため常に清潔で健康な頭皮の環境づくりを心がけましょう。

さらに、紫外線によるダメージも薄毛の大敵です。

分け目を毎日同じにしないことで、頭皮の同じ部分に紫外線が当たることを防いだり日傘や帽子をかぶるなど、直接髪の毛や頭皮に紫外線が当たらないように工夫すると良いでしょう。

その他に、ヘアアイロンや巻髪を作るコテなどを頻繁に使っている女性は髪が熱で溶けているなど、非常にダメージを受けています。

どうしても使用する場合は、毎日ではなく数日おきに使うようにしたり、温度を低めに設定するなどすることで髪を労わることができます。

 

生活習慣が原因で薄毛になる女性の特徴

薄毛になりやすい女性は、生活習慣が影響している場合も多いです。

特に食生活は重要であり、コンビニ弁当やファストフードなどの食事が多い女性は薄毛になりやすい傾向にあります。

髪の毛は頭皮に流れる血液から栄養を受けて成長していくため栄養のある食事をとっていなければ当然、健康な髪の毛は育ちにくいです。

また、肩こりなどで頭皮の血流が滞っている場合も頭皮に必要な栄養が届きにくいため、薄毛になりやすくなります。

日頃から食生活に気を付けるのはもちろんのこと、耳の後ろや首筋、肩をよくマッサージし、頭皮への血行を促進すると良いでしょう。

さらには、髪の毛は夜間に成長すると言われているため夜更かしや睡眠不足で必要な成長ホルモンが分泌されない場合にも薄毛になる原因となってしまいます。

また、過度にストレスを感じている場合もホルモンバランスが乱れて、薄毛になりやすくなるためストレスをためないよう注意が必要です。

薄毛になりやすい生活習慣をしている女性の特徴をまとめると、コンビニ弁当やファストフードをよく食べ、肩こりで血行が悪く夜更かしをしていて、ストレスを抱えている女性ということになります。

習慣になっていることを変えるというのは簡単ではないかもしれませんが一つずつでも、意識して改善していくことで薄毛の原因を減らしていってみてはいかがでしょうか。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る