育毛剤の「有効成分」と「その他の成分」って何がちがう?

育毛剤の「有効成分」と「その他の成分」との違い

育毛剤の成分表を見てみると、「有効成分」と「その他の成分」が分けて書かれています。

では、有効成分とその他の成分には、どのような違いがあるのでしょうか。

育毛剤の多くは、「医薬部外品」に分類されています。

医薬部外品とは、厚生労働省から認可され、その効果と安全性が確認された有効成分を含む商品のことを言います。

医薬部外品は、「吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止を目的とするもの、または、あせも、ただれ等の防止を目的とするもの、あるいは、脱毛の防止、育毛又は除毛を目的とするもの」とされています(医薬品医療機器等法より)。

つまり、育毛を目的にしていないものは育毛剤とは呼べず、育毛に関する有効成分を含んでいて初めて、育毛剤を名乗ることができるという訳なのです。

その他の成分は、その名の通り、有効成分以外の成分のことを指します。

育毛剤の場合、さまざまな植物エキスや海藻エキスなどが含まれています。

育毛剤のメーカーはそれぞれに工夫を凝らし、有効成分以外に育毛効果のあるその他の成分を育毛剤に配合しています。

ただ、その他の成分にいくら育毛効果があっても、厚生労働省によって認可されなければ、育毛剤を名乗ることはできません。

 

育毛剤に含まれている主な有効成分

市販されている育毛剤を見てみると、共通した有効成分の含まれているケースが多々あります。

それもそのはずで、育毛効果があると厚生労働省によって認可されている成分の数は限られているからです。

育毛剤に含まれている有効成分として、もっともよく知られているものの1つが「グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2Kとも)」と呼ばれるものです。

グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方薬としても用いられる甘草(カンゾウ)から抽出された成分で、炎症を鎮めたり、アレルギー反応を抑制したりする働きがあります。

薄毛の人は頭皮に炎症を起こすなどして、頭皮環境を悪化させているケースがほとんどです。

そのため、グリチルリチン酸ジカリウムの働きによって炎症を鎮め、髪の毛が育つ土壌を整えてあげるのです。

育毛剤に含まれている主な有効成分としては、「センブリエキス」もよく知られています。

センブリエキスも、漢方の治療薬として用いられるセンブリから抽出された成分で、抗炎症作用や抗酸化作用のほか、血行を促進したり、毛乳頭の細胞を活性化させたりする働きがあるとされています。

髪の毛は、毛乳頭にある毛母細胞が、毛細血管から栄養を受け取ることによって成長します。

そのため、センブリエキスによって血行が促進すれば、髪の毛が成長しやすくなるのです。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る