育毛シャンプーって普通のシャンプーと何が違う?

育毛シャンプーとはどんな効果や成分が含まれているの?

育毛シャンプーは、読んで字のごとく髪の毛を「育む(はぐくむ)」ことを目的としたシャンプーのことを言います。

一般的には、薄毛に悩む方や、普通のシャンプーが髪の毛や頭皮の質に合わない方におすすめのシャンプーとなっています。

男性に見られる薄毛の代表的なものが男性型脱毛症(AGA)ですが、薄毛になる原因の1つとして、シャンプーによる頭皮環境の悪化があげられています。

中でも、普通のシャンプーに含まれている合成界面活性剤の働きによって、頭皮環境が悪化しやすくなると考えられています。

合成界面活性剤は食器洗い洗剤や洗濯洗剤などにも含まれており、油汚れを浮かび上がらせ、おとしやすくする働きがあります。

 合成界面活性剤入りのシャンプーを使うと、頭皮の皮脂を落とすことができるのですが、洗浄力があまりにも強いため、頭皮にとって必要な皮脂までも落してしまうのです。

皮脂は私たちの頭皮を外部の刺激から守ってくれる存在でもあるため、シャンプーで皮脂を洗い流しすぎると、頭皮環境が悪化して、脱毛症を発症するリスクが上昇するのです。

薄毛は男性だけの問題ではありません。女性にも「女性男性型脱毛症」や「粃糠性脱毛症」、「脂漏性脱毛症」など、さまざまな脱毛症があります。

やはりその原因の1つとして、髪の毛や頭皮の質に合わないシャンプーの使用があげられています。

そのため、育毛シャンプーの中には女性専用のものもあります。

 

育毛シャンプーと普通のシャンプーとの違い

 育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いは、その目的の違いにあります。

普通のシャンプーは主に「汚れを落とす」ことを目的としており、育毛シャンプーは「頭皮環境を改善すること」を目的としています。

そのため、育毛シャンプーには、髪の毛や頭皮にとって有害な成分が含まれていません。

有害な成分としては、先ほど紹介した合成界面活性剤のほか、シリコンや合成着色料、パラペン、ソルビン酸Kなど、多くのものがあげられています。

私たちの皮膚は弱酸性になっており、それによって外部の刺激(紫外線や細菌、ウイルスなど)から皮膚を守ってくれるのです。

頭皮は身体の中でも、もっとも皮脂の分泌量が多い場所として知られています。

なぜかというと、頭という場所は人間にとってもっとも重要な場所だからです。

そのため、ほかの場所よりも皮脂の分泌量や毛の量が多くなっている訳です。

ところが、普通のシャンプーによって皮脂を洗いおとしすぎると、皮脂のバリア能力が低くなってしまうのです。

育毛シャンプーには髪の毛にとって有害な成分が含まれていないだけでなく、頭皮環境を改善する多くの成分が含まれています。

頭皮環境は例えるなら作物を育てるための土壌のようなものです。

肥沃な大地に滋味豊かな作物が育つように、良好な頭皮環境下に健康で丈夫な髪の毛が育つという訳なのです。

その手助けをしてくれるのが育毛シャンプーという訳なのです。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る