美髪にはドライヤーの使い方がカギを握る!女性の美髪講座

美髪にはドライヤーの使い方がカギを握る!女性の美髪対策

髪は乾燥しても傷み、濡れたままでも頭皮や髪に悪影響を与えます。

シャンプーの後、多くの人がドライヤーを使って髪を乾かしていると思いますが、タオルでゴシゴシ拭いたら自然乾燥という人はいませんか?

髪が悲鳴を上げる前に、優しいドライヤーの使い方を知っておきましょう。

自然乾燥の髪へのダメージ

シャンプーの後にタオルで水分を出来るだけ取って、その後に指やブラシで髪をすいたあと、そのまま放置するから、髪に外傷を与えずキューティクルも傷まないと考えていますが、大きな間違いです。

頭皮と髪に水分が多いので、頭皮の温度で表面が蒸れてしまい雑菌の温床となって、ニオイを発するようになり、かゆみや吹き出物などの原因になってしまいます。

また、濡れた状態でブラッシングすると、髪に摩擦を引き起こし、キューティクルを剥がしてしまいます。

髪に優しいドライヤーの使い方って?

シャンプーの後は、まずタオルで髪をはさみ込み両手でポンポンと叩くように水分を摂って行きます。

ゴシゴシ拭くのは厳禁ですよ。

その後にドライヤーを温風にして20cm程離し、左右に振るようにして温風を髪に当てるのではなく、髪の根元・頭皮を乾かす感じでドライヤーを掛けます。

髪に直接近くで温風を当てると早く乾きますが、髪がパサパサに傷んで切れ毛などを引き起こします。

7~8割程乾いたら、ヘアクリームや育毛剤などを使って髪を保護して、最後はドライヤーを冷風にして仕上げます。

冷風にすることで、キューティクルや頭皮を引き締めて髪に優しい仕上がりになります。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る