美白化粧品が頭皮につくと白髪になるってホント?

ファンデーションを頬に塗る女性

なぜ美白化粧品が頭皮につくと白髪になると言われるのか

「色の白いは七難隠す」などと言われ、古くから色白であることは、女性の美しさの象徴の1つとされてきました。

最近では健康的に日焼けしている女性も魅力的に捉えられていますが、怖いのは年をとってからシミが増えることですよね。

そのため、日頃から美白化粧品を用いて、肌を白くすることに取り組んでいらっしゃる方もいることと思います。

ところが、美白化粧品が頭皮につくと、白髪になるなどと言われるケースがあるようです。

なぜそのようなことが言われるようになったのでしょう。

その理由の1つとして、美白成分である「L-システイン」の存在があげられます。

L-システインは非必須アミノ酸の一種で、必須アミノ酸であるメチオニンによって体内で合成されます。

L-システインには、チロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを阻害することによって、メラニンの産生を妨げる働きがあります。

また、すでにつくられたメラニンを排出したり、お肌のターン―オーバーを促進したりする働きもあります。

メラニンがシミやそばかすの原因となるため、L-システインを摂取することで、美白が可能になるという訳なのです。

ただ、髪の毛が黒くなるのもメラニンが存在しているからであって、そのため、L-システインを摂取すると白髪になる、という説が出てきているのです。

 

白髪になるそもそもの原因とは?黒髪取り戻す方法はある?

 突然ですが、皆さんは髪の毛本来の色についてご存知でしょうか。

あたり前のように黒だと思われるかも知れませんが、実は、頭皮内で成長している髪の毛は、もともと色がないのです。

なぜ髪の毛が黒くなるかというと、先ほども少し触れましたが、メラニンが存在しているからです。

そのため、L-システインがメラニンの産生を阻害したり、メラニンを排出したりすることで、髪の毛を黒くすることができなくなるため、白髪が増えるという説が出てきているのです。

ただ、医学的にみた場合、L-システインを摂取したり塗布したりすることによって、白髪になるという根拠はありませんし、裏付けとなるような研究や論文もありません。

では、なぜ人は白髪になってしまうのでしょう。

白髪になる原因に関しては、いろいろなことがあげられています。

もっとも一般的なのが加齢です。

年齢を重ねるごとに、身体の細胞は少しずつ老化します。

そのため、メラニンを生み出すメラノサイトの働きも鈍化し、それによって白髪が増えるとされています。

また、遺伝も白髪の原因としてあげられています。

あと、食習慣の乱れやストレスなども、白髪の原因としてあげられています。

髪の毛を作るための栄養が不足すれば、メラニンを作ることもできなくなってしまいます。

ストレスが昂じると活性酸素が生じ、自分の細胞を攻撃し始めてしまいます。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る