発毛剤と育毛剤は何が違う?女性の薄毛に効果があるのはどっち?

育毛剤と発毛剤の違い

発毛剤と育毛剤はどう違う?購入方法や効果を比較

女性の薄毛に発毛剤と育毛剤のどちらが効果を発揮するのかを解説する前に、まずは、発毛剤と育毛剤、それぞれの特徴について見ていきましょう。

発毛剤とはその名の通り、発毛を目的として開発、製造された医薬品のことを言います。

医薬品であるため、基本的にはお医者さんによって処方されることとなります。

ただし、一部の発毛剤は通信販売などでも購入することが可能です。

育毛剤は読んで字のごとく、髪の毛を「育む(はぐくむ)」ためのものです。

一般的に医薬部外品であることがほとんどですが、まれに化粧品に分類されている育毛商品もあります。

発毛剤と育毛剤との最大の違いは、医薬品であるかどうかという点にあります。

発毛剤は医薬品なので、薬局やドラッグストアなどで購入することができません。

一方、育毛剤の方は医薬部外品なので、薬局やドラッグストア、通信販売などで気軽に購入することが可能です。

医薬部外品なので、医師や薬剤師の説明を受ける必要もありません。

発毛剤と育毛剤との違いとしては、髪の毛に対するアプローチの仕方もあげられます。

発毛剤は積極的に発毛を促すのが目的であり、育毛剤は現在生えている髪の毛を強くするのが目的となっています。

 

女性の薄毛の改善効果が高いのは発毛剤?それとも育毛剤?

発毛剤と育毛剤との違いについて簡単に説明しましたが、以上の説明から、発毛剤と育毛剤のどちらが、女性の薄毛を改善する効果が高いのかは明白だと思います。

育毛剤は現在生えている髪の毛を太く、強く育てるのが目的であるのに対し、発毛剤はこれから生えてくる髪の毛を増やすことを目的としています。

そのため、女性の薄毛を改善するという点からすると、発毛剤の方日軍配があがります。

では、女性の薄毛に対して、育毛剤を用いることは意味がないのでしょうか。

実は、そんなことはありません。というのも、発毛剤は医薬品であるため、効果が高い反面、副作用のリスクもあります。

特に妊娠中や出産後の女性などは、服用できないケースもあります。

その点、育毛剤は医薬部外品であり、天然由来の成分からできているものがほとんどです。

そのため、副作用の心配をせずに用いることができるというメリットを有しています。

ある程度、薄毛が進行してしまったら発毛剤を用い、まだそれほど薄毛が進行していない場合や、将来の薄毛を予防したい場合には育毛剤を利用するとよいでしょう。

どちらを使ったらいいのか分からないという方は、薄毛を専門としている病院やクリニックを受診して、アドバイスを受けるようにしましょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る