日焼けは女性の薄毛の大敵!

日焼けと薄毛の関係

女性に日焼けは大敵!お肌の紫外線対策はしっかりとして出かけます。

日焼けって、お肌のお手入れだけでいいの?

最近、髪の紫外線予防も言われるようになりました。

髪も日焼けするってどういうこと?

肌が日焼けすると紫外線によってメラニン色素が作られ、紫外線から肌を守っているのですが、数日で肌の表面を黒く日焼けしてしまいます。

紫外線は皮膚表面だけでなく、髪の毛や頭皮にも大きな影響を与えます。

髪の毛はタンパク質で構成され、アミノ酸のシスチンによって強く結合しています。

しかし、髪が紫外線を浴びると酸化してしまい、シスチンの結合を分解してキューティクルを剥がし枝毛や切れ毛を起こします。

黒髪の元であるメラニンを壊して、黒い髪を茶褐色に変えてしまいます。

シスチンの結合やメラニンを破壊してしまうことで、髪の艶やみずみずしさがなくなり乾燥したパサパサの髪になってしまいます。

夏の終わりから秋に抜け毛が急に多くなり、パサパサに乾燥するのは日焼けによる「髪の夏バテ」なのです。

晴れた日だけでなく、薄曇りや曇った日でも紫外線は強く降り注ぎます。

紫外線の影響を受けた髪は皮膚のように再生しません。

日焼け、乾燥によってダメージを受けた髪は死んだも同然の状態で抜けるだけです。

頭皮も紫外線によって体力を失い、髪の毛をつなぎ止めておく力がありません。

秋になって薄毛に気付いても、時すでに遅しの状態なのです。

髪や頭皮の紫外線対策は万全に!

お肌の日焼け止めや紫外線対策には気をつけますが、実は一番紫外線の影響を受けやすいのが髪と頭皮なのです。

頭頂部や髪の分け目は日焼けしやすい部分で、人間の一番太陽に近い場所です。

外出時は、日傘や帽子などで直接紫外線を受けないようにしましょう。

帽子の場合は、汗をかきやすくて頭が湿ると雑菌が繁殖しやすくなるので、通気性の良い素材を選びましょう。

紫外線防止のUVヘアスプレーやトリートメントを使ったら、帰宅後出来るだけ早く洗い落としましょう。

海水は髪や頭皮を乾燥させます。

山は紫外線が平地よりも強くなります。

夏のレジャーには、その場にあったUVケア、紫外線対策が必要になります。

紫外線によって傷んだ髪は、再生しないので薄毛に繋がることを知って、お肌以上の対策を心がけましょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る