女性の薄毛・抜け毛はどんなタイプがあるの?悩める女性の症状別基礎知識

女性の薄毛・抜け毛のタイプ別症状

女性の薄毛・抜け毛の症状は、それぞれ人によって異なります。

悩んでばかりいるよりも、自分の症状を知って、自分に合ったケアをしていきましょう。

瀰漫(びまん)性脱毛症

女性に一番多い脱毛症で、髪全体が薄くなって分け目や皮膚が透ける脱毛症を言います。

ホルモンバランスが乱れる更年期前後や、過度のストレスやダイエットによる栄養不足などが原因になります。

分娩後脱毛症

妊娠後期の女性はエストロゲン(女性ホルモン)によって保たれていたヘアサイクルが乱れ、
出産後に、一気に髪の成長期が休止期に入ってしまい、抜け毛が多くなってしまいます。

分娩後脱毛症は、妊娠・出産による一時的な症状で、通常は半年から一年で自然回復します。

批糠(ひこう)性脱毛症

フケが毛穴を塞いでしまい炎症を起こして、髪の毛が成長できずに起こります。

フケや脂性が気になって、シャンプーしすぎたり、ゴシゴシ洗って頭皮を傷めてしまう事で逆効果になる場合も多くあります。

脂漏性皮膚炎の可能性もあります。

牽引性脱毛症

ポニーテールやお団子ヘアなど、長期間にわたって髪の一部分を強く引っ張ることで、
引っ張られている部分だけ抜け毛が目立つようになります。

長期間の同じ髪型は控えて、頭皮を休め毛根が引っ張らないようにすれば防止出来ます。

悩み過ぎるのは悪循環!

薄毛や抜け毛に悩み過ぎると、そのストレスで症状はいっそう悪化します。

悪循環を招く前に、薄毛・抜け毛の専門医療機関に相談することをおすすめします。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る