女性の更年期と薄毛の関係

女性の髪の毛と更年期の関係

加齢による髪の問題は女性にとって大きな悩みになっています。

更年期の女性は、ホルモンバランスの乱れから体調や精神的に不安になってしまいます。

45歳から55歳頃までの閉経前後を更年期といわれていますが、その症状も時期も様々です。

更年期の症状の一つである薄毛や抜け毛について、見ていきましょう。

更年期の薄毛の原因は?

更年期には体調のすぐれない日も多く、精神的にも浮き沈みが起こりやすい不安定な時期になります。

これは、女性ホルモンの減少が引き起こす心身への影響なのです。

健康な髪に必要な女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって、頭皮や髪の成長を乱され、ハリやコシを失った髪は細く抜けやすくなってしまいます。

ヘアサイクルよりも早く抜け落ちてしまうと、薄毛になってしまい毛髪全体のボリュームを失っていきます。

卵巣から分泌されていた女性ホルモンが減少しても、男性ホルモンは減少しないので、男性ホルモンが優位に立つ男性型脱毛症(AGA)が女性でも見られるようになり、更年期女性の大きな悩みになってしまいます。

更年期のイライラも薄毛の原因に

女性ホルモンのエストロゲンの減少は、心身への影響を受けやすくなってしまい、少しのことでもイライラしたり、落ち込んでしまったりします。

体の冷えを感じたかと思えば、顏だけが火照るといった自律神経の乱れや代謝の悪さなどは、
体だけでなく精神的な不調も引き起こします。

イライラや気分がむしゃくしゃするなど精神的ストレスも、女性ホルモンの影響によるものですが、これらも薄毛や抜け毛に繋がるのです。

「更年期だから仕方ない」のではなく、辛い時は専門医の診察を受けて、上手に付きあい健康な髪の為にもストレスを排除していきましょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る