夏に抜け毛が多くなるのは何故?

夏に抜け毛が増えるのはなぜ?

夏から秋にかけて、抜け毛が気になる女性は少なくないでしょう。

本来、夏の抜け毛は自然なことなのです。

誰でも、暑さから身を守る為の機能として、抜け毛は増えるようになっています。

紫外線からのダメージ

女性の4人に1人が、薄毛に悩んでいると言われます。

通常1日に50100本の抜け毛が、夏には23倍に増えます。

その原因は、夏の強い日差しや暑さもありますが、紫外線が髪や頭皮に影響しています。

紫外線量は春先から増えるので、すでに春から受けた髪や頭皮へのダメージは、

夏になって一気に抜け毛を増やしていきます。

夏の食生活の乱れ

暑さから食欲減退や冷たい物ばかり食べることによって、食生活のバランスが崩れます。

アルコールや飲料が増え、アイスクリームなどの冷菓を多く摂るようになります。

冷たい食べ物の摂りすぎは、身体を冷やしてバランスを崩し、その影響は髪にも及びます。

暑い時でも、バランスの良い食生活と冷え対策は髪の為にも欠かせません。

髪の毛の洗いすぎに注意!

汗をいっぱいかく季節は、頭皮も汗をかき髪の毛が濡れることもあります。

濡れたままでいると毛根や頭皮に菌が繁殖して、べたつきや臭いの原因になります。

しかし、髪の洗いすぎは頭皮を傷つけ、髪の毛の乾燥に繋がります。

1日1回優しく頭皮を2度洗いして、湿気を残さないように乾かすだけで充分なのです。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る