医薬部外品の育毛シャンプーって普通のシャンプーと何がちがうの?

医薬部外品の育毛シャンプー

医薬部外品ってなに?

医薬部外品の育毛シャンプーと、普通のシャンプーとの違いについて解説する前に、そもそも医薬部外品とはなんなのかについて知っておきましょう。

「医薬部外品という言葉はよく聞くけど、薬と何が違うの?」とおっしゃる方も多いのではないでしょうか。

薬局やドラッグストアに行くと、「医薬品」と「医薬部外品」、そして「化粧品」が置かれています。

医薬品は簡単にいうと、病気やけがの「治療」を目的としています。

医薬品の中には、医師が処方すべき医療用医薬品もあれば、薬局やドラッグストアなどで、条件付きで購入できる第1類医薬品もあります。

その他、第2類医薬品や第3類医薬品などはもっと手軽に購入可能です。

医薬部外品は、どちらかというと「予防」や「衛生」を目的に製造されており、厚生労働省によって認可された効果や効能に有効な成分が決められた濃度で配合されています。

医薬部外品の育毛シャンプーの中には、「薬用シャンプー」を名乗っているものもありますが、ここで用いられている薬用という言葉は、医薬部外品と同じ意味です。

化粧品はもっとも基準の緩いもので、美化や清潔、健やかに保つなどといったことを目的としています。

効果や効能を宣伝することはできません。

 

医薬部外品の育毛シャンプーと普通のシャンプーとの違い

それでは、医薬部外品の育毛シャンプーと、普通のシャンプーとの違いについて見ていきたいと思います。

医薬部外品のシャンプーと普通のシャンプーの最大の違いは、洗浄力の違いです。

とは言うものの、医薬部外品のシャンプーの方が、洗浄力に優れているという訳ではありません。

単純に洗浄力だけを比較した場合、普通のシャンプーの方が、洗浄力の高いケースが多いです。

では、普通のシャンプーの方が優れているのかというと、そんなことはありません。

どういうことかというと、普通のシャンプーは洗浄力が「強すぎる」のです。

そのため、頭皮や髪の毛にとって必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまい、頭皮環境を悪化させてしまうのです。

頭皮環境が悪化するとヘアサイクルが乱れ、薄毛のリスクが高くなってしまうのです。

医薬部外品の育毛シャンプーには、そのような髪の毛や頭皮にとって有害な成分が含まれていません。

だからと言って、髪の毛や頭皮がしっかりと洗えないということもありません。

そもそもシャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを落とすものであって、そこまで強い洗浄力を必要としていないのです。

また、医薬部外品の育毛シャンプーは天然由来の成分から作られているため、普通のシャンプーのような刺激がありません。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る