加齢と共に髪の艶が低下する原因と効果的なケア方法

加齢と共に髪の艶が低下する原因と効果的なケア方法

加齢と共に髪の艶が低下する原因

髪の毛は女性の命などと言われることがあり、髪の艶の低下は女性にとって由々しき問題となっています。

特に中年期以降になると、よほど注意してケアしないと、髪の毛の艶が低下してしまいます。

では、なぜ加齢と共に、髪の艶は低下してしまうのでしょうか。

その原因について理解するためには、ヘアサイクルについて知っておく必要があります。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてから抜け落ちるまでの周期を意味します。

ヘアサイクルは、髪の毛の「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」といった具合にサイクルしています。

健康な女性のヘアサイクルはおよそ4年から6年周期とされています。

毛穴1本1本についてヘアサイクルは異なっているので、一斉に抜けおちるようなことはありません。

加齢によって女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少すると、男性ホルモンの比率が増えます。

そのため、更年期を迎えた女性や閉経後の女性の髪の毛は、男性にようにゴワゴワとした見た目になりがちなのです。

また、加齢にとともに髪の毛の水分量が減少し、それによって髪の艶が失われてしまうのです。

その他にも、髪質に合わないシャンプーやコンディショナー、ドライヤーの熱などによるダメージや、過度のダイエットによる栄養不足、ストレス、紫外線なども髪の艶が低下する原因としてあげられています。

 

髪の艶が低下してきたときのケア方法

「髪の艶が低下してきたな」と感じたら、ヘアサイクルに乱れが生じている可能性があることを思い出してください。

ヘアサイクルが乱れる原因は女性ホルモンであるエストロゲンの減少だけが原因ではありません。

先ほども挙げたように、誤ったヘアケアやストレス、栄養不足や紫外線によるダメージなども髪の艶を失わせるリスクファクター(危険因子)となり得ます。そのため、髪の艶を失わせるリスクファクターを除去しましょう。

市販のシャンプーには洗浄力の強い界面活性剤などが含まれており、髪の毛にとって必要な水分や油分を根こそぎ奪い去ってしまいます。

そのため、天然由来の成分でできたシャンプーや、育毛用のシャンプーを利用するようにしましょう。

髪の毛はタンパク質からできているので、食事の栄養バランスを考えることも重要です。

髪の毛のコンディションを整えるため、ビタミンやミネラルを多くふくむ野菜や果物をたくさん食べ、高タンパクで低カロリーのささみなどを積極的に食べましょう。

また、加齢とともに女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少するので、エストロゲンと似た働きのある大豆イソフラボンを摂取するようにしましょう。

外出の際には帽子をかぶり、髪の毛にとって有害な紫外線をブロックすることも重要です。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る