タバコでハゲる!?喫煙で薄毛対策も台無しに

タバコを吸うことで身体に起こるトラブルはさまざまにあります。肺ガンなどはその代表格で、愛煙家の大多数が不安に思われているのではないでしょうか?さらに追い打ちをかけてしまうようですが、タバコは薄毛とも深い関係があることも分かっています。入念なヘアケアを行っていても、喫煙するだけで何の意味もなくなってしまうかも…タバコが薄毛を引き起こす理由について、詳しく見ていきましょう。

タバコによる血管収縮は、頭皮にも影響…結果薄毛に

タバコに含まれるニコチンという有害物質は、自律神経を刺激し、血管を収縮させます。それによって血行が悪くなり、血液と一緒に運ばれるはずだった酸素や栄養素が、頭皮まで届かなくなってしまうのです。加えて、ニコチンは体内のビタミンも破壊します。血行を促進するビタミンE、そしてその吸収を助けるビタミンCまでもが壊され、血行不良はますます深刻化。エネルギー不足に陥った細胞は活動が弱まり、髪が細くなる、コシがなくなるなどの症状が表れ、結果的に薄毛につながります。

今すぐ禁煙を!と声を大きくして言いたいところではありますが、急激に無理な禁煙を行うと、そのストレスによって薄毛を誘発してしまう可能性もあります。精神的に無理のないよう、場合によっては専門医に相談しながら、あなたのペースで禁煙に取り組んでくださいね。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る