シリコン配合のシャンプーを使うと薄毛になるはウソだった

なぜシリコン配合のシャンプーで薄毛になると言われたの?

育毛用のシャンプーや、天然成分で作られたシャンプーを見ていると、多くのシャンプーに「ノンシリコン」とか、「シリコンを使用していません」などと書かれています。

また、薄毛に関する雑誌やインターネットのサイトなどを見ていると、シリコン配合のシャンプーを使うことで、薄毛になるリスクが高くなるなどと書かれていることがあります。

では、シリコン配合のシャンプーを使うと、薄毛になるリスクは高くなるのでしょうか。

答えは、「シリコンが入っていることによって、直接的に薄毛につながることはない」となります。

シリコンはそもそも何のために配合されているのでしょうか。

それを知るためには、シリコンの働きについて理解する必要があります。

シリコンには、髪の表面をコーティングする働きがあります。

例えば、石鹸で髪の毛を洗うと、髪の毛の指通りがギシギシしますよね。

それは、石鹸の洗浄成分によって、髪の毛の表面にあるキューティクルが開いてしまうからです。

シリコンによってキューティクルを閉じで保護することで、なめらかな指通りが実現できるのです。

ところが、シリコンが毛穴に詰まることで、薄毛のリスクが高くなると主張されているのです。

ただ、医学的にみた場合、網目状の構造をしているシリコンが毛穴に詰まることはあり得ないということです。

 

シャンプーに含まれる薄毛のリスクファクター

シリコン入りのシャンプーが忌避されるのは、ちょっとややこしい言い方になりますが、シリコンが入っているからではなく、シリコンを入れざるを得なくしている成分が含まれているからです。

その成分とは、合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は洗濯石鹸や食器洗い洗剤などに含まれている洗浄成分で、油汚れを浮かせて洗い流しやすくする働きがあります。

ただ、合成界面活性剤の洗浄力はあまりにも強力なので、髪の毛や頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

そうなると、髪の毛がギシギシとした手触りになってしまいます。

そのため、シリコンを配合する必要が出てくるのです。

合成界面活性剤によって皮脂を根こそぎ奪われた頭皮は、外部の刺激から守られなくなってしまい、頭皮環境が悪化します。その結果、薄毛になるリスクが上昇するのです。

薄毛を改善するときに、アミノ酸系のシャンプーやベタイン系のシャンプーなど、洗浄力のそれほど強くないシャンプーを推奨されるケースがよくあります。

それは、シリコンが入っていないからではなく、シリコンを必要とする有害な成分を使用していないからなのです。

つまり、シリコンと薄毛には因果関係がないということなのです。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る