コンディショナーとトリートメントの違いとは?

コンディショナーとトリートメントの違いは

シャンプーの後に使うリンスの他にコンディショナーとトリートメントがありますが、明確に違いが分かりますか。

実は統一した定義があるわけではありません。リンスよりもコンディショナーやトリートメントの方が髪の為に良さそうな感じがしますが、その違いを見ていきましょう。

コンディショナーの役割は?

一般的にコンディショナーは髪の表面に油膜を作って、摩擦など外部の刺激から髪を保護したり、髪のコンディションを整える役割があります。

最近のコンディショナーには、刺激から守るだけでなく保湿成分であるセラミドやミネラルを配合したものも多くあり、髪内部まで浸透して補修する成分を含むようになってきました。

しかし、髪内部を補修する成分はトリートメントに比べると少量である事から、基本的にはコンディショナーは外の刺激から髪を守るものだと言えます。

トリートメントの役割は?

リンスやコンディショナーと異なり、髪内部を補修することを目的にしているのが、トリートメントになります。

最近は、保湿成分を浸透させて髪の傷みを補修するだけでなく、柔らかい髪用、しっかりした髪用など髪の質感をコントロール出来るものも多くなってきました。

コンディショナーとトリートメントの使い方

コンディショナーとトリートメントに違いを利用して、髪をより美しく仕上げたい場合は、併用することをおすすめします。

トリートメントで髪内部を補修して、コンディショナーで髪表面を補修することで、見た目も触り心地も良い理想的な髪に近づけることが出来ます。
使い方は、シャンプーの後にトリートメント、そのあとにコンディショナーと続けます。

髪の状態によってトリートメントの使用頻度を調節しながら、順番通りに使ってみましょう。

併用使いでつややかな美しい髪へと変化して行くのが、楽しみ実感できますよ。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る