これからの季節は要注意!頭皮ダメージ、夏の強い紫外線対策

紫外線と頭皮の関係

頭皮や髪は一年中、体の中で一番日差しを強く受け、紫外線を多く浴び続けています。

顔や手足には日焼け止めを塗り、紫外線から肌を守る対策をしますが、髪や頭皮となるとどうでしょうか?

髪や頭皮もしっかりと紫外線対策をしていきましょう。

紫外線が頭皮に与えるダメージ!

気温が高くなる夏が紫外線量は多いと考えられていますが、実は5月から7月頃が一番多く紫外線が降り注いていると言われます。

5月はさわやかで気持ちよく感じる気温は過ごしやすく感じますが、気付かないうちに日焼けしてしまったという経験のある人もいるのではないでしょうか?

それだけ紫外線が強いという事になりますが、その時の肌と同じように頭皮も髪も日焼けしたことになります。

日焼けすると髪はメラニン色素の黒が抜けてしまい茶色になってしまったり、水分が減少してパサパサになってしまったりします。

頭皮は顔や首の皮膚と同じように、髪の分け目が日焼けして茶色くなったり、シミやシワが出来やすくなります。

頭皮もしっかりと紫外線対策をしてあげる必要があるのです。

 紫外線対策をして頭皮を守ろう!

紫外線対策に重要なのは、まずは紫外線を浴びないこと、そして浴びてもダメージを受けない対策をすることです。

UVカットのスプレーを使って髪や頭皮を紫外線から守ります。

日焼け止めクリームなどを薄く伸ばして、髪の分け目や地肌の見える部分に塗ります。
外出時は、日傘や帽子で日差しを遮り、頭に汗をかいたらこまめに拭きましょう。

帰宅したら早めにシャンプーして、スプレーやクリームの付いた髪と頭皮を綺麗に洗い流すことも大切です。

健康な髪は健康な頭皮から生まれます。

頭皮へのダメージを少なくする為に、髪の分け目をこまめに変えたりして、同じ場所に紫外線があたり続けないように気をつけましょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る