くせ毛を直すのではなく活かす!オススメのスタイリング法

生まれつきのくせ毛は縮毛矯正をしてもまたすぐに生えてくるので、変に直そうとするよりは上手く生かして付き合って行く方が得策です。
そこで今回はくせ毛を上手くまとめるスタイリングのコツについてお話します。

毎日ドライヤーで髪を無理にストレートにするのはやめましょう

まずくせ毛を無理に自分でまっすぐにしようとしない事です。ドライヤーで無理にまっすぐにしようとしても、痛むばっかりで綺麗にまっすぐにはなりません。

ヘアアイロンを使うにしても、毎日するならいっそストレートをあてたほうが髪にあたえるダメージは低くなります。どちらにしろ、自分でまっすぐにしようとするのは忘れて下さい。

くせ毛をうまく付き合うためにはセットの仕方がポイントになってきます。くせ毛は濡らすと癖がなくなって乾くと癖が出てくるのが特徴です。

ですから、髪を完全にドライした髪に柔らか目のワックスをつけるようにしましょう。硬いワックスだとせっかく活かせる癖毛が変になくなってしまいます。

ここで目指す所は、かっちりとした髪ではなくふわふわ、ゆるゆる、自然体。

くせ毛をキレイにスタイリングするには髪形も重要になってきます。髪形も重い感じだと軽そうはならないのでカット時にレイヤーを入れたり、重いところはすいてもらうとスタイリングしやすくなります。

このような髪形で、つむじの向きにあわせドライヤーをかけると、よりふんわりした雰囲気を作る事が出来ます。

ドライ後は手のひら全体に伸ばしたワックスを毛先から揉みこむようにつけ、少し固まるスプレーを軽くかけるとふわふわしたヘアスタイルに出来ます。

ふんわりヘアスタイルは若い子だけの物と思っている方が多いですが、前髪だけポンパドールにしたりと年配の方でも意外に似合います。さらに少し髪の色を明るくしたするとより若々しく見えるので是非試してみてください。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

ページ上部へ戻る