年齢別!女性の薄毛対策(30代編)

30代女性に多くみられる薄毛のタイプ

女性の薄毛にはいくつかのタイプがありますが、30代になると脂漏性脱毛症や分娩後脱毛症などを発症するリスクが高くなってきます。

30代の女性は結婚や出産、育児などさまざまな身体的・精神的負担を抱えることとなります。

また、育児をしながら仕事もしていると、仕事上のトラブルや人間関係の悩みなどから、円形脱毛症を発症するケースもあります。

脂漏性脱毛症は、皮脂をエサとして増殖する真菌の一種である「マラセチア」によって引き起こされる、炎症性の皮膚疾患(脂漏性皮膚炎)にともなう脱毛症です。

脂漏性皮膚炎は皮脂が分泌する場所であればどこでも起こりうる疾患ではあるのですが、頭部は特に皮脂の分泌量が多いことから、脂漏性皮膚炎や脂漏性脱毛症を発症しやすい場所とされています。

30代の女性はさまざまなタイミングで、女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

それによって皮脂の分泌量が増加すると、脂漏性脱毛症を発症するリスクも高くなるのです。

分娩後脱毛症は多くの女性が経験する脱毛症で、通常であれば産後半年から1年ほどすると、元に戻るということです。

円形脱毛症は性別や年齢にかかわらず見られる疾患ですが、自己免疫疾患の一種と考えられています。

そのため、関節リウマチなどの自己免疫疾患を発症しやすい女性が発生する可能性もあります。

 

30代女性の薄毛対策や予防法

30代の女性には先述したとおり、結婚や出産、転職や育児など、さまざまな精神的、および身体的負担がかかります。

そのような負担は、ストレスとなって心身に蓄積していきます。

ストレスは万病のもとなどと言われるように、髪の毛や頭皮にとっても悪影響を与えます。

なぜなら、ストレスの蓄積によって、自律神経のバランスが乱れるからです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つからなっており、それぞれ車でいうところのアクセルとブレーキのような働きを有しています。

それぞれがバランスをとることで、私たちの生命活動は円滑に送られるのです。

ところが、ストレスが昂じてしまうと交感神経優位の状態が続いてしまいます。

交感神経が優位になると、血管が収縮して血液の循環が悪くなります。

それによって、毛髪の成長にも悪影響を与えてしまうのです。

そのため、30代女性が薄毛対策や薄毛予防をするためには、自律神経のバランスを整えることが重要となります。

自律神経のバランスを整えるには、ストレスを適度に発散して、リラックスすることが一番です。

たまには温泉に行ってのんびりするとか、カラオケで大きな声を出すとか、気の置けない友人とおしゃべりをするなどして、ストレスをため込まないようにしましょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る