シャンプーと育毛剤に相性はある?

シャンプーの役割とは

シャンプーと育毛剤との相性について考える場合、シャンプーが女性の頭皮や髪の毛にとって、どのような反応をもたらすのかについて知っておくことが重要です。

「シャンプーは髪の毛や頭皮を洗うためのものでしょう」…

確かにその認識も間違いではないのですが、育毛という観点に立ってみた場合、それだけでは十分ではありません。

確かに、若いうちのシャンプーは、皮脂や汚れを落とすということに重点を置いてもよいかもしれません。

ただ、年齢を重ねて抜け毛や薄毛が気になった場合、シャンプーをそのように使っていると危険です。

というのも、市販のシャンプーには合成界面活性剤など、洗浄力の強い成分が含まれているからです。

若いうちは皮脂の分泌量も多いので、洗浄力の強いシャンプーを使っても問題ありませんが、年齢を重ねて皮脂の分泌量が減少した頭皮にとっては、洗浄力の強いシャンプーは危険です。

なぜなら、皮脂は頭皮を外部の刺激から守ってくれる働きがあるからです。

洗浄力の強いシャンプーで皮脂を根こそぎ洗い流してしまうと、頭皮のバリア機能が低下し、頭皮環境が悪化するのです。

結果として、抜け毛の量が増えてしまうこととなるのです。

そのため、エイジングケア用のシャンプーは、頭皮環境を改善するシャンプーにする必要があります。

 

相性のよいシャンプーと育毛剤

 育毛という観点で考えた場合、シャンプーは一般的なシャンプーではなく、育毛用のシャンプーを選択することが重要です。

育毛用のシャンプーには、髪の毛や頭皮にとって有害な、合成界面活性剤や添加物が含まれていません。

出来れば、100%天然由来のシャンプーを選択するとよいでしょう。

というのも、仮に99%天然由来の成分で製造されていても、残りの1%が髪の毛や頭皮にとって有害であっては意味がないからです。

育毛シャンプーと育毛剤との相性に関しては、頭皮環境をどう改善したいのかについて考えるとよいでしょう。

女性の薄毛の原因は実にさまざまです。

血行不良によって頭皮への血流が低下し、それによって栄養状態が低下し、その結果、髪の毛の成長が阻害されているケースもあると思います。

そのような薄毛に関しては、血管を拡張し、血行を良くする育毛シャンプーや育毛剤をセットで使うとよいでしょう。

また、女性ホルモンのバランスが乱れることで、抜け毛が増えることもあります。

そのようなケースであれば、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをする、イソフラボンを配合した育毛シャンプーや育毛剤をセットで使うのがよいといえます。

6育毛用のシャンプーと育毛剤は、目的に応じて選ぶことが重要だという訳です。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る