頭皮を日焼けした時のレスキューケア

頭皮の日焼けによって起こり得るリスク

夏の強烈な日差しを避けるために、顔や腕に日焼け止めを塗ることがあると思います。

ところが、頭皮って意外と紫外線にさらされがちですよね。

そこで、頭皮を日焼けした時のレスキューケアについて紹介する前に、頭皮を日焼けすると、どのようなリスクがあるのかについて知っておきましょう。

頭皮を日焼けした場合に起こり得るリスクとしては、頭皮の乾燥があげられます。

乾燥はお肌にとってもっとも避けたいことの1つですが、それは頭皮にとっても同じことです。

頭皮が乾燥すると、頭皮を外部の刺激から守ってくれるはずの皮脂がなくなってしまいます。

皮脂がなくなると、細菌やウイルスなどの侵入を用意にし、頭皮環境が悪化することとなります。

また、紫外線を浴びることによって皮膚内のコラーゲンが破壊され、お肌の張りを保つことができなくなります。

頭皮と顔とはつながっているため、頭皮のハリがなくなることによって、顔の皮膚までたるむリスクが高くなります。

さらに、日焼けによって頭皮環境が悪化すると、抜け毛の量が増えたり、薄毛になったりするリスクも高くなります。

あとは、日焼けをすることによって頭皮に炎症を起こすと、痛いというデメリットもあります。

 

頭皮を日焼けした時のレスキューケア

頭皮を日焼けしてしまうと、さまざまなリスクのあることが分かりました。

それでは、うっかり頭皮を日焼けしてしまった場合、どのようにしてケアすればよいのでしょうか。

まず、頭皮を日焼けして場合、単純に痛みが発生します。

それは、頭皮の炎症によるものです。

炎症を起こした場合「発赤(ほっせき)」「腫脹(しゅちょう)」「熱感(ねつかん)」「疼痛(とうつう)」「機能障害」という5つの徴候がみられます。

頭皮はあまり意識的に動かす場所ではないため、機能障害はあまり当てはまりませんが、赤く腫れてズキズキと痛むと、頭をお湯で洗うのが困難になります。

炎症の急性期には冷やすことが基本です。

日焼けをした後に冷やしておくことによって、炎症の拡大を防ぐことが可能です。

日焼けはある意味「やけど」ですから、やけどと同じ対処をする必要があるのです。

日焼けした頭皮を冷やしても、ヒリヒリとした痛みの残るケースがあります。

その際には、保湿剤や乳液を用いて、頭皮の保湿をおこなうと痛みが緩和されます。

また、日焼けをしたあとにはかゆみの出ることもあると思いますが、かゆいからと言って掻くのは絶対にやめましょう。

それでなくても頭皮が過敏になっているので、痛みや傷を残すこととなります。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る