女性のつむじハゲの原因と効果的なケア方法

女性のつむじハゲの原因

つむじハゲというと、男性に見られる、いわゆる「O字ハゲ」をイメージされる方もいらっしゃることと思いますが、女性の中にも、つむじ周辺の髪の毛が薄くなる方もいます。

とは言うものの、男性ほど極端にはげ上がるようなことはなく、つむじ周囲の髪の毛が減少して、地肌が透けて見えやすくなるといった様相を呈します。

では、女性のつむじハゲの原因は何なのでしょう。

女性のつむじハゲの原因は、ひとことで言うとヘアサイクルの乱れです。

ヘアサイクルとは、髪の毛が生えてきてから抜け落ちるまでの周期のことを言います。

ヘアサイクルは、髪の毛の「成長期」→「退行期」→「休止期」→「成長期」…という風にサイクルしています。

正常なヘアサイクルは、4年から6年周期となっています。

ところが、何らかの原因によって髪の毛の成長期が短縮され、退行期が早く訪れると、髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちてしまいます。

そのような毛穴が増えてくると、徐々につむじハゲが目立つようになってくるのです。

ヘアサイクルが乱れるリスクファクター(危険因子)としては、誤ったヘアケア、ストレス、栄養不足、睡眠不足、過労、乱れた食習慣、加齢などさまざまなことがあげられています。

 

つむじハゲへの対処法

つむじハゲを改善するためには、ヘアサイクルを正常化することがもっとも重要です。

そのためには、ヘアサイクルを乱すリスクファクターを取り除く必要があります。

更年期の女性の場合、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が減少することで、抜け毛の数が増え、つむじハゲになるリスクが高くなります。

エストロゲンは、いわゆる「女性らしさ」を形作るものです。

女性の身体が丸みを帯びているのも、関節が男性より柔らかいのも、声が高いのも、エストロゲンの働きによるものです。

そして、女性の命である髪の毛が艶やかで美しいもの、エストロゲンのおかげです。

そのため、更年期に見られる薄毛に対しては、エストロゲンの代わりとなるものを補給することが重要です。

エストロゲンと似た働きのあることでよく知られている成分に、イソフラボンがあります。更年期のつむじハゲに対しては、イソフラボンを摂取するようにしましょう。

また、若い人に見られるつむじハゲの場合、過度のダイエットによる栄養不足の可能性も考えられます。

髪の毛はタンパク質から作られているので、タンパク質の摂取を欠かさないようにしましょう。

その他、疲労やストレスをため込まないようにして睡眠時間を確保し、髪の毛や頭皮への刺激が少ないシャンプーで洗髪するなどすることも重要です。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る