髪が絡まって仕方ない…対処法は?

髪の毛が絡まった時の対処法

乾燥によって傷んだ髪は絡まりやすく、ブラッシングしようと力任せにひっぱると、髪ばかりか毛根や頭皮まで傷つける結果になってしまいます。

絡まった髪同士を解いてスムーズにブラシが通るようにする方法はあるのでしょうか。

絡まった髪は根気よく指でほどく

髪を解くのに普通はブラッシングしますが、強く絡んでしまった髪はブラシではなかなか解くことが出来ません。

そんな時は、無理にブラシやクシを使わず、指先で丁寧に解いていきましょう。
絡まった部分をお湯で湿らせて、リンスやトリートメントなど髪に膜を張る液剤を使って指先で少しずつほぐします。

少量のオイルを絡まった部分に垂らして同じようにほぐしても良いでしょう。

そのあとは、優しくシャンプーしてトリートメントやコンディショナーなど髪の保護を欠かさないことが大切です。

整髪料を使っている時は、まず優しくシャンプーする

ヘアスタイルをキープする為、または広がりやすくなった乾燥髪をまとめる為にムースやワックスを使っている場合は、そのままブラッシングしたらもっとからまってしまいます。

まずは、先に整髪料をシャンプーや石鹸で洗い流すことです。

髪を丁寧にお湯で予洗いして整髪料を緩めてから洗いシャンプー剤の滑りやすさを利用してほぐしていきましょう。

それでも絡まってどうしようもない時は、その部分を切ってしまうのが他の髪の為にも良い方法になります。

しかし、自分で切るとヘアスタイルが整わなかったりするので、本職の美容師さんに相談してから切ってもらい保護の仕方を教えてもらうとよいでしょう。

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る