頭皮の乾燥が髪の老化を促進させる


加齢と共に失っていく頭皮の潤い

お肌の老化を防ぐために洗顔や化粧水、美容液、クリームをつかってスキンケアを行っている方は多いと思います。年齢と共に老化していく肌を美しく保つためには日々のスキンケアが大切なのを理解しているからです。

お肌の老化を防ぐのに特に大切なのが保湿です。肌は元々体内部から水分を取り込み細胞間脂質(セラミド)、天然保湿因子(NMF)、皮脂などの成分で潤い、キメを整えて外部の刺激から守っています。

しかし老化と共に肌の水分量が減少し肌のバリヤ機能が低下外部からの刺激により肌トラブルを引き起こします。

28歳はお肌の曲がり角と言われ、28歳をピークに肌の潤は減少していきますがこれは頭皮も同じ。お顔も頭皮も1枚で繋がった同じ皮膚ですから基本的な構造は同じです。

頭皮は直接目で確認する事が出来ないので気づきにくいですが、お肌が乾燥しているという事は頭皮も乾燥しています。頭皮の老化を防ぐためにはお肌同様、日々のケアで潤いを補給する事が大切なのです。

 

頭皮の保湿はシャンプー&コンディショナーでは不十分

頭皮ケアを始める際、多くの方がシャンプーの見直しから始めます。もちろん日々のケアでシャンプーはとても重要です。

しかしシャンプーの本来の目的は汚れを落とす事。取り除くケアであり与えるケアではありません。

いくら保湿成分が配合されたシャンプーでも老化により潤いを失った頭皮には、取り除く事が目的のシャンプーでは十分な保湿効果は見込めません。

スキンケアで保湿と言えば化粧水や美容液、クリームが効果的なように頭皮の保湿にも与えるケアの頭皮用エッセンスや育毛剤が効果的です。

多くの方が日々のケアはシャンプーとコンディショナーだけですが頭皮も同じ皮膚であることを考えるとスキンケアで大切な「保湿」「代謝促進」「血行促進」「抗酸化」は頭皮環境を整えるためには大切な要素です。

シャンプーは頭皮の汚れを落とすもの、コンディショナーは髪の潤いと修復するものですから頭皮用エッセンスや育毛剤は頭皮の老化対策には必ず必要なアイテムです。

薄毛や抜け毛といった悩みが無くても30歳を過ぎたら美しい髪を保つために頭皮用エッセンスや育毛剤はぜひ毎日のケアに取り入れてください。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る