育毛には頭皮用シャンプー!その効果とは…?

最初に、頭皮用のシャンプーは、頭皮の保護と洗浄によって頭皮環境を改善し、育毛の環境を整えるために作られています。

具体的にはまず髪のダメージを修復する「コンディショニング剤」がほとんど配合されていません。髪の保護は目的としていないので不要になります。

次に、頭皮への刺激は少なくなるように作られています。過度な刺激は頭皮環境を悪化させる原因となってしまいます。

次に、頭皮に成分がほとんど残留しません。頭皮に成分が残ると頭皮環境を悪化させたり、毛穴に詰まる原因となってしまいますので、頭皮に余分な成分が残留しないように作られています。

通常のシャンプーと頭皮用シャンプーの違い

逆にヘア用シャンプーは髪の保護と補修によって髪を美しく見せるために作られているため「コンディション剤」が多く配合されています。

その分頭皮への負担も強くなっていて、成分の頭皮への残留も考慮されていないものが多いです。皮脂腺を刺激することで毛穴が皮脂で詰まったり、フケの原因となることがあります。

ヘア用シャンプーは若く頭皮にトラブルがまったく無い方には問題ないのですが、加齢や日々のケアで頭皮にトラブルを抱えた場合や老化が進んだ頭皮にはお勧めできません。

もちろん今トラブルが無くても使い続ける事で将来的にはトラブルが出てくる可能性はあるので、30歳を過ぎたら頭皮の事をしっかりと考えたシャンプーを使う事をお勧めします。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る