白髪が多い人と少ない人の違いって?

白髪が多い人と少ない人の違い

加齢と共に多くなってくる髪の老化現象が白髪ですが、年齢を重ねていても黒々とした立派な髪を持った人もいます。
中高年になって白髪染めしなければならない人、生涯一度も染めることが無かったという人、その違いはどこにあるのでしょう。

生活習慣の違いで白髪はきまる

白髪は遺伝だからとよく聞くことがありますが、実際はその人の生活習慣によって、頭皮や髪に良い習慣を取っているか、良くない生活をしているかで変わってきます。
生活習慣は家族で同じような食事や不規則な生活を繰り返す事で、家系や遺伝と思われる原因になります。
白髪の多い人の食生活は、栄養が偏り油っこいものや甘味、刺激物を好んで食べたり、運動が嫌いであまり動かず、睡眠時間も不規則で短いか長すぎるなどの問題を抱えています。
喫煙飲酒は欠かさず、ストレスが多く紫外線などにも無頓着な人が多い特徴があります。
しかし、白髪の少ない人は、栄養バランスを考えた食事を腹八分目、規則正しい生活で睡眠時間も6~8時間の質の良い睡眠を確保しています。
定期的な運動を心がけており、お酒は少々で非喫煙者、ストレス発散を実践して心身のケアを出来る人が多いのです。

白髪の少ない人の生活習慣を見習おう

白髪が多いとどうしても年齢よりも老けて見られます。
白髪は増えてほしくないし、できれば減らしたいならば、白髪の少ない人の生活習慣を真似れば良いのです。
同じような食生活を心がけて、運動や睡眠時間に気を配り、ストレスを残さない生活を送るようにしましょう。
白髪は予防することも出来るので、たんぱく質、ミネラル、カルシウム、ビタミンなどの栄養素を意識して摂るようにします。
特に体内で生成できないミネラルは、毛母細胞を活性化させるので、食事に積極的に摂り入れたいものです。

おすすめシャンプーランキングはこちら

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る