正しいブラッシングで髪と頭皮をケア

正しいブラッシングの仕方

ブラッシングというと、いまだに「髪の乱れを整える」「スタイルを作る」ためのものと考えている女性が多いよう。けれど、丁寧なブラッシングは汚れを落とし、頭皮の角質を浮かせ、さらには血行を促進する働きもあるなど、いいことずくめ。
スタイルメイクではなく、頭皮ケアの一環として一日に二回は行ってください。

シャンプーの前のブラッシングをきちんと行うとシャンプー剤の泡立ちもよくなりますから、少量を使うのみで済ませられ、頭皮や髪の負担も減ります。

1.「まずは毛先」で不要なダメージを避けて

正しいブラッシング

ブラッシングのときは「まず下から」が鉄則。

片方で髪をおさえながら、毛先から優しくといていきましょう。
髪のボリューム感にもよりますが、いくつかの毛束に分け、少しずつとかすほうがダメージが少なくなります。毛先をといたら頭頂部もとかしていきます。

※髪の毛を傷めてしまう、ありがちなNG例

「いきなり頭頂部からとかす」というミスは、たいていのひとがやりがち。毛先をとかすときにからみやすく、ブラッシングでのダメージを招くので注意してください。

2. 頭皮を刺激して角質オフ&血行アップ!

正しいブラッシング

髪のほつれをといたら、次に頭皮のケアにうつります。地肌に対して斜め45度にブラシを入れ、頭皮の汚れをかき出すようにとかします。
歯磨きにたとえるなら、「歯茎にもブラシを当てる」にあたるプロテス。
分け目を逆にするなど、毛流れと逆にするのがコツです。

3.「下から上へ」毛流れに逆らって汚れをかきだす

正しいブラッシング

お手入れが届きにくい後頭部も、丁寧にブラッシングします。

下から上へととかし上げ、頭皮を刺激します。
ポニーテールの結び目を作る頭頂部に向かってとかしていくといいでしょう。

頭皮の汚れや髪のホコリを落とせば、シャンプーがより効果的になります。

以上が正しいブラッシングの仕方です。
毎日このやり方で髪をとかして、健康な髪と頭皮を手に入れましょう!

 


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る