昼寝をすると薄毛は改善する?成長ホルモンと育毛の関係

昼寝は髪の成長に影響するのか?

夜の時間帯も良質な睡眠をとることで、成長ホルモンが分泌され髪が伸びやすくなると言われていますが昼寝をすることでも、同様の効果があると考えられています。

昼食を食べたあとに眠くなる人は多いと思いますがそのときに、眠気を我慢して無理に活動してしまうことでストレスがたまると血行が悪くなり、髪の成長にとっても悪影響となってしまいます。

もし昼食後に眠くなった場合は、無理をせず昼寝を取り入れることで体のホルモンバランスが整い、髪の成長にとっても良いのです。

ただし、昼間に長時間寝てしまうと夜眠れなくなってしまい生活リズムが崩れてしまう危険性があります。

そのため、昼寝は15分程度から、長くても30分までに抑えておきましょう。

夜の睡眠のようにふかふかのベッドや布団に入って寝てしまうとなかなか30分以内に起きることは難しくなってしまうので昼寝をするときは、椅子やソファーに座った状態で寝るなど、あまり熟睡しない姿勢がおすすめです。

ただし、座った姿勢で寝ることで首や肩が凝ってしまう人は血行が悪くなり悪影響となるため、ソファーなどに横たわって昼寝をすると良いでしょう。

さらに、昼寝から目覚めた後は少し頭がぼーっとしがちなので軽めのストレッチなどを取り入れることで、眠気覚ましに加えて体の血行もよくなり、髪の成長につながります。

 

成長ホルモンと育毛の関係性とは?

成長ホルモンは、髪の主成分であるタンパク質をもとに血液、骨や筋肉など体のあらゆる組織を作り、成長させます。

さらに、新陳代謝を促すことで皮膚や髪、爪などのダメージを修復してくれる働きもあります。

そのため、髪の成長、育毛のためには成長ホルモンが必要不可欠なのです。

頭皮の血行不良は加齢による新陳代謝の衰えが原因の場合がありますが成長ホルモンが分泌されることにより、新陳代謝を促進し頭皮の血行がよくなるため、そういった意味でも、成長ホルモンは育毛にとって欠かせないホルモンと言えるでしょう。

しかし、残念なことに成長ホルモンは10代後半の成長期をピークに年齢とともに減少の一途をたどります。

一般的に年齢を重ねていくうちに、新陳代謝が悪くなりケガの治りが遅くなったり、しわやシミができやすくなりますが、これも成長ホルモンの分泌量が減少することが関係しているとされています。

そのため、髪の毛を早く伸ばしたい人や、薄毛が気になっている人は育毛のためにも成長ホルモンの分泌を高めることを日ごろから意識して生活することがおすすめです。

睡眠不足やストレスは成長ホルモンの分泌にとって大敵ですので夜間の良質な睡眠をとることはもちろんのこと、昼寝も取り入れることで睡眠不足の解消とリフレッシュができ、効率よく成長ホルモンの分泌を促進することができるでしょう。

おススメ育毛シャンプー5選はこちら

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る