女性の薄毛と遺伝の関係。両親が薄いと薄くなる?


男性に比べて女性は遺伝の影響が少ない

同じ薄毛でも男性と女性では、薄毛の状態が多少違います。

男性は遺伝に影響される場合が多いですが、女性は少ないようです。

全く影響が、無いということではありません。

遺伝子は父親と母親と、両方より受け継ぐものですが、両親が薄毛ではないのなら、子供も薄毛にはならないと言われています。

両親のどちらか一方が薄毛なだけでは、子供は薄毛の遺伝子は受け継がないです。

両親がどちらも薄毛であれば、子供も薄毛になるようです。

全員がこの遺伝子パターンに、当てはまるわけではないですが、結論から言いますと両親が薄毛だと、子供も薄毛になる傾向にあります。

もし遺伝子で薄毛になってしまったら、髪の毛を育毛して増やすのは、少し難しい状況です。

性別では女性より男性が、遺伝子の影響を受けやすいようです。

なので、両親が薄毛であっても、子供が女性の場合は、薄毛にならない人もいます。

又、遺伝子で薄毛になった人は、若い年齢であっても薄毛になっていきます。

歳老いて薄毛になった人は、遺伝子の影響と言うよりは、加齢によるものなので、心配する必要はありません。

又、女性でも男性ホルモンが強い人は、薄毛になりやすいです。

 

遺伝による薄毛も早めの対策が効果的

自分の親や祖父母の髪の毛の生え方を見て、薄毛かどうかじっくり見てみましょう。

髪の毛が薄い場合は、何歳頃から薄くなったか質問して、教えてもらいます。20代頃からなどと言われたら、私も早期薄毛になるかもと判断できます。

現在まだそんなに薄毛でないなら、年齢が若くても育毛剤を使用して、頭皮の状態を健康に保てるようにしましょう。

特に遺伝による薄毛の可能性がある人は、若い年齢でも育毛剤の使用が、おススメの方法です。

髪の毛が薄くなってくる年齢を、遅らせることができます。

薄毛になりやすい箇所は、髪の毛のはえぎわ、頭頂部なのでこの部分は、念入りにお手入れをして下さい。

頭皮の血行は良い状態を保ち、脂っこい食べ物は控えめにします。

ストレスをためずに、規則正しい生活リズムで過ごすなど、普段の生活習慣も改善していって下さい。

最近では遺伝子検査などもありますので、遺伝なのか正確に知りたい人は、医療機関などで調べる方法もあります。

薄毛の原因と言われているのは、テストステロンがDHTへ、変化したことによります。

テストステロンが増えた状態でも、毛乳頭に結合しなければ薄毛になりにくいと言われています。

おすすめシャンプーランキングはこちら

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る