女性の白髪染めの種類と特徴

女性の白髪染めの選び方

通常の白髪は加齢によってメラニンを作るメラノサイトの活動が衰えることで色素が抜けてしまうのですが、根本的な原因は解明されていません。

老化現象と言われると言葉の返しようがありませんが、白髪になる前兆があるわけでも無く、白髪を完全になくすことは出来ないので、白髪が嫌ならば染めるしかありません。

カラーリング「白髪染め」

市販されている白髪染めも多く、家庭の中で自分の好きな時に気になる白髪を染めることが出来ます。

白髪は定期的に染めなければ、髪が伸びた時に根元が白く目立つようになってしまいます。

その為に美容院よりも安価で簡単に染めることが出来る商品が、豊富に出回るようになりました。

しかし、自分で染めると染ムラが出来たり、人によってはアレルギー症状を起こしたり、全く染まらないなどの問題も出てきます。

美容院でキレイに染めてもらう事で、艶を損なわずにケアもしてもらえて安心ですが、カラーリングは少なからず髪へのダメージは避けられません。

ヘアマネキュア

キューティクルの表面だけコーティングする酸性カラーで、髪の芯まで染めないのでダメージは少なくなります。

色抜けが早く短い期間で繰り返しケアしなければなりません。

傷んだ髪が気になる人におすすめです。

草木染「ヘナ」

植物「ヘナ」由来の染色で、ヘアマネキュアと同じように髪の表面をコーティングして染めます。

髪のダメージが少なく、ヘアマネキュアより色持ちが長いのが特徴になります。

天然なので色の種類が少なく、思ったような色が出ないのも欠点で、人によってはアレルギーを起こすこともあります。

化学物質無添加のヘナは「敏感肌」の人や「自然派志向」の人におすすめです。

その他の白髪染め

まだ白髪染めを使うほどではないけど、生え際が気になる人や一時的に白髪を隠したい人におすすめするのが、スプレーやムース、スティックタイプ、ブロウタイプのものです。

また、シャンプーやトリートメント剤で徐々に染めていく商品もあります。

簡単に使えてダメージもないので安心して使えますが、普通のシャンプーに比べるとかなり値段が高くなります。

白髪が増えてくるのは仕方のない事、キレイに染めて明るく元気な姿は心身の健康にも繋がります。

自分に合った白髪との付き合いをしていきたいですね。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る