ヘアカラーで薄毛になってしまう?女性の頭皮とカラーリングダメージ

ヘアカラー・パーマで気をつけたい!頭皮を気にする女性のための対策

ヘアファッションという言葉があるように、ヘアスタイルやカラーにこだわる人も少なくありません。

パーマの種類もカラーも無数にあって、ファッションに合わせて楽しみながらも多くの女性は、ヘアダメージに悩んでいます。

簡単にイメージチェンジできる「髪を染める」が、髪に与える影響を考えていきましょう。

カラーロング剤が頭皮に与える影響

髪を染める時に使うカラーリング剤は、髪のメラニン色素を抜いたり染めるので、毛髪内部に浸透しなければならず、髪のキューティクルをこじ開けて内部のコルテックスに影響を与えます。

これにより、髪の毛がダメージを受けてしまいますが、髪だけであれば毛根や頭皮に影響しないので、直接薄毛や禿げになるということはありません。

しかし、カラーリング剤が頭皮に付着して一時的に炎症を起こしたり、毛穴を塞いでしまうと細菌が繁殖したりすることで、抜け毛や薄毛になるリスクを高めてしまいます。

髪が乾燥して切れ毛が増えたり、頭皮のダメージから抜け毛が増えて、髪の量が減ったと感じるようになります。

これによって、髪を染めると薄毛になると思うのですが、染めたから薄毛になるのではなく、頭皮や毛穴に付着することで薄毛のリスクを高める、というのが正しいメカニズムです。

カラーリングのダメージを抑えるには?

白髪に悩んでいる人は、髪が傷んでしまう、薄毛になってしまうと思っても、白髪染めを止めることはなかなか出来ません。

髪を染めだすと1~2ヶ月に1度は染めることになる為、どうしても髪や頭皮への悪影響を繰り返すことになります。

●カラーリングは美容院やヘアサロンを利用しましょう。

●カラーリング剤は頭皮へのダメージの少ないものを選びましょう。

●体調の悪い時や肌荒れがある時のカラーリングは避けましょう。

●育毛シャンプーや育毛剤を利用して頭皮環境を整えましょう。

これらを守ることで、頭皮への影響を少なくすることが出来て、薄毛になるリスクを抑える事が可能になります。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る