ヘアアイロンはNGなの?髪を傷めないためにやること

ヘアーアイロンは痛む?

くせ毛をストレートにしたい、うねった髪を落ち着かせたいなどストレートヘアーにする為にアイロンを使うことがありますね。

ヘアーアイロンは直接髪に熱を与えるのですが、髪に悪影響はないのでしょうか。

ヘアーアイロンの熱が髪を傷める

ヘアーアイロンは過度の熱を髪に与えることで整えるのですが、熱によって髪は傷んでしまいます。それは髪の熱変性が原因なのです。

髪は主にタンパク質で構成されていますが、熱変性とは、このタンパク質を熱によって分解し破壊してしまうことです。

高温の熱を直接髪に与えることで髪を矯正しますが、熱変性を起こすことで髪のキューティクルが傷つき剥がれてしまいます。

髪を刺激から守っているキューティクルが剥がれると、髪内部の水分やタンパク質が失われて乾燥し、枝毛や切れ毛など髪の傷みを引き起こします。

ヘアーアイロンの使い方NGは?

高温の熱でも髪を傷めるのに、間違った使い方でさらに髪を傷めることがあります。

・髪が濡れている時に使う
乾いていない髪に使えば早く癖が治せると思うかもしれませんが、それは間違いです。
キューティクルが開いている状態で使うと外だけでなく内部の水分も蒸発し乾燥してしまいます。髪の潤いが無くなりパサパサになってしまうのです。

・長時間、何度も同じ個所に使う
髪のくせが酷いからと何度も繰り返し同じ部分に使ったり、長時間使うと髪の一部分に大きな負担がかかってしまいます。その部分が焦げてしまったり傷みが酷くなる原因になります。

・必要以上の高温で使う
ヘアーアイロンを必要以上の高温で使うと、髪は熱によって焼け焦げて溶けてしまうことも有ります。

ヘアーアイロンに慣れていて素早く使えても、高温は髪への負担が大きいことを理解して適切な使い方をしましょう。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る