ヒリヒリする?頭皮にダメージを与えない白髪染めを!

白髪と頭皮ダメージの関係

白髪が目立つようになって来ると、白髪染めをする人が多くなります。

急に真っ白に変わるものであれば、きれいな銀髪を楽しむことも出来ますが、全体が白髪になるには相当の年数がかかり、その課程は黒髪に白が浮き出るようになって、実年齢よりも老けて見えたりします。

頭皮や髪が白髪染めからのダメージを極力少なくして、キレイに染める方法を見ていきます。

白髪染めの副作用や症状ってどんなこと?

現在は市販のヘアカラーも種類が豊富で自分の好みの色や、染料液剤のタイプ(泡、ジェル、クリームなど)も多く、髪や頭皮のダメージを抑えるように工夫された商品が多くなっています。

しかし、自宅で市販品を使って白髪染めをしても、染める前後のケアがしっかり出来ないので、繰り返して使っていると頭皮や髪へのダメージは蓄積されてしまいます。

白髪染めは、黒髪のメラニン色素を脱色してから、染料で染めていきますが、この脱色するときの過酸化水素は刺激が強く、短期間で繰り返して使用すると頭皮や毛穴から体内に残留し、発疹や痒み、腫れ、傷みやかぶれを引き起こすこともあります。

頻繁に染めるのではなく、頭皮が回復する約2ヶ月に1度の割合で、美容院などを利用するとよいでしょう。

頭皮ダメージを最小限にする白髪染め方法

自分で染めている人も、美容院で染めている人も、「今まで頭皮がヒリヒリしたことが無いのに、今日は沁みて痛い」と感じたことのある人はいませんか?

急に刺激を感じる時は、体調がよくなかったり、生理の時や疲労が溜まっている時などが考えられます。

また、頻繁に染めてきた事で、頭皮が白髪染めの刺激を許容できなくなり、アレルギー反応を示してる場合もあります。

一度アレルギー反応を起こしたら、同じ染料は使わないようにしましょう。

・白髪染め前後の頭皮ケアはしっかりと行いましょう。
・染料は髪や頭皮に優しい、自分のお肌に合ったものを美容師と相談しましょう。
・染める間隔は約2ヶ月を目途にして頻繁に染めないようにしましょう。
・白髪染め後は髪や頭皮の保湿ケアに努めましょう。

キレイに白髪染めするのに、頭皮ケアはとても大切なのです。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る