ノンシリコンシャンプーは本当に良い?


ノンシリコンシャンプーが全て安全はウソ

まず初めにシリコンは体に悪くはありません。シリコンは肌への刺激も少なく安全性が高いため、シャンプーやコンディショナー以外にも、スキンケアのクリームや乳液など、多くの化粧品に使われています。

また哺乳瓶の乳首や医療用カテーテルなどにも使われ、私たちが生活していくうえでなくてはならない素材です。

最近のノンシリコンブームで店頭では専門のコーナーが置かれるほど注目度が高くなり、いつの間にかシリコン入りシャンプーは危険でノンシリコンシャンプーは安全という風潮に。

なんとなくノンシリコンシャンプーは良いというイメージを持たれている方も「シリコンの何が悪いかほんとは良く分からない」という方は多いのではないでしょうか。

シリコンは体に悪くないのでノンシリコンシャンプーだから髪と頭皮に良く薄毛や向け毛を改善するとは言えないのです。

 

ノンシリコンシャンプーに注目が集まった理由

シリコンが悪者にされノンシリコンシャンプーが安全と言われるようになった理由の一つにシリコンが毛穴を詰まらせるという考えがあります。

シリコンには髪をコーティングする効果があります。ちなみにトリートメントやコンディショナーに配合される目的はこのコーティング力で髪にツヤやなめらかさを与える為です。

確かに髪をコーティングするシリコンが「毛穴を詰まらせる」と言われると信じてしまいそうですが、シャンプーに配合されているシリコンは非常に粒子が細かく、毛穴を詰まらせるほどの力はありません。

たとえ頭皮にシリコンが残っていてもクリームや乳液にも配合され安全性が確認されているシリコンが悪さをすることはありません。

シリコンには沢山の種類があり中にはコーティング力が強く頭皮や髪に残りやすい物もあり汚れ落ちに影響するものもありますが、だからと言ってシリコン入りシャンプーがすべて悪いとは言えませんし、逆にノンシリコンシャンプーがすべて安全で薄毛や抜け毛に効果的とは言えないのです。

おすすめシャンプーランキングはこちら

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る