スタイリング剤は女性の薄毛に悪影響?


スタイリング剤による抜け毛のリスクとは?

女性の多くが、朝出かける前にワックスやスプレーといったスタイリング剤を用いていることと思います。

もちろん、スタイリング剤を用いた女性すべてが薄毛になる訳ではありませんが、スタイリング剤を使っていない人に比べると、薄毛になるリスクは上昇するようです。

では、なぜスタイリング剤を使用することで、薄毛になる可能性が上昇するのでしょうか。

1つには、スタイリング剤に含まれている成分が関与しています。

スタイリング剤には、髪の毛を固めるために油脂成分が配合されていますが、油脂成分が酸化すると、髪の毛や頭皮にとって有害な「過酸化脂質」に似た成分になります。

また、ワックスやスプレー自体が毛穴をふさぐことによって、本来であれば毛穴から排出されるべき皮脂や汚れが排出されなくなり、その結果として頭皮環境が悪化し、抜け毛のリスクが上昇します。

あと、ワックスやスプレーを洗い落そうとするあまり、洗浄力の強いシャンプーで髪の毛や頭皮を洗うと、頭皮を守るべき皮脂まで洗い流してしまい、結果として抜け毛のリスクが上昇します。

特に、合成界面活性剤を含むシャンプーは要注意です。

合成界面活性剤は非常に洗浄力が強いため、簡単に頭皮環境を悪化させてしまいます。

 

スタイリング剤を使う際の注意点

それでは、スタイリング剤は全く使ってはいけないのかというと、そんなことはありません。

正しい使い方を知った上で、しっかりと髪の毛や頭皮のケアをおこなえば、薄毛になるリスクを下げることができます。

スタイリング剤を使う際の注意点としては、スタイリング剤の使用量があげられます。

ビジュアル系のバンドマンのように、髪の毛を逆立てるようなヘアスタイルにすると、スタイリング剤を大量に使わなければならなくなります。

スタイリング剤の使用量が多ければ多いほど、髪の毛や頭皮に与えるダメージも大きくなってしまいます。

ボリュームを出したいからと、あまり大量にスタイリング剤を用いないよう気をつけましょう。

また、スタイリング剤を用いる際には、髪の毛の先にアクセントを与える程度にするとよいでしょう。

髪の毛の根本からスタイリング剤を塗布すると、毛穴をふさいでしまうリスクが上昇しますし、角層や汚れが付着する可能性も高くなります。

あと、スタイリング剤を使ったあとは、しっかりと洗い流すようにしましょう。

ただし、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシと洗うのは厳禁です。

できれば天然由来の成分から作られたオーガニックシャンプーやボタニカルシャンプーを利用して、優しく洗うようにしましょう。洗ったあとは、頭皮専用の保湿剤で、頭皮に潤いを与えてあげましょう。

おすすめシャンプーランキングはこちら

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る