シャンプーのしすぎは逆効果?薄毛に与える影響とは…

シャンプーのしすぎは逆効果?薄毛に与える影響とは

「髪は晩と朝の2回は洗わないと気持ちが悪いの」という人も少なくないことでしょうが、実は髪や頭皮のためには、晩1回のシャンプーで充分なのです。

洗いすぎ、シャンプーやコンディショナーの使いすぎは、頭皮に良い影響は与えません。

頭皮環境の悪化、薄毛・抜け毛を引き起こす原因を見ていきます。

シャンプー・コンディショナーの効果とダメージ

髪や頭皮の汚れはお湯で洗うことで、ほとんど流すことができます。

シャンプーは、落とせなかった皮脂汚れを流す為に使うのですが、過剰に使ったり、ゴシゴシと洗うことで、髪の脂分を取りすぎてしまい、頭皮も乾燥して傷つけてしまいます。

シャンプー後に、髪を整える為にコンディショナーをたくさん髪に塗りつけて、軽く流すだけという間違った考えを持った人がいます。

コンディショナーの付け過ぎは、毛穴を塞ぐことになるので、ほどほどにして頭皮に残らないように洗い流しましょう。

洗いすぎない、付け過ぎない、力を入れすぎないなど髪と頭皮の状態を考えてシャンプーしましょう。

シャンプーやコンディショナーで薄毛・抜け毛になる?

洗いすぎやシャンプーのし過ぎは、頭皮や髪の脂分を取りすぎて乾燥に導きます。
頭皮が乾燥すると、余分に脂分を分泌して乾燥を防ごうとするので、常に脂っぽくなってしまいます。

脂分を流す為にシャンプーをこまめにしていたことが、逆に毛穴を脂分で詰まらせてしまい、抜け毛・薄毛の原因となり、頭皮環境の悪化、髪の成長を妨げることになるのです。

コンディショナーをたくさん使っても、同じように毛穴詰まりや頭皮ダメージを起こします。

シャンプー前にブラッシングして髪の汚れを浮き上がらせます。

頭皮マッサージで血流をよくしてリラックスした後で、キレイにお湯で洗い流してから少しのシャンプーを使って洗います。

こうすることで、頭皮にダメージを与えるシャンプーは少なくなり、キレイに気持ちよい洗い上がりになります。

シャンプーやコンディショナーで悩んでいる時は、髪の専門家、美容師さんに相談してみるのも良い方法です。

おすすめシャンプーランキングはこちら

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る