コンディショナーやトリートメントは頭皮につくと薄毛になる?


コンディショナーやトリートメントが頭皮に与える影響とは

汚れを落とすことが目的のシャンプーとは違い、コンディショナーやトリートメントは髪をサラサラ・つやつやに保つために使いますよね。

市販のコンディショナーやトリートメントの多くにはシリコンが配合されておりこれは指通りが良くなったりサラサラな髪の毛にする効果が期待できます。

一方、シリコンは頭皮につくと毛穴をふさいでしまい、頭皮の炎症を引き起こしてしまうことがあります。

その他かゆみやフケの原因になったり、薄毛を引き起こす可能性もあるのです。

もちろん、一度や二度、頭皮にコンディショナーが付いたからといってすぐに頭皮にトラブルが起こることは少ないですが、毎日使うものだけに、日々の蓄積で徐々に頭皮トラブルが現れるかもしれません。

そのため、コンディショナーやトリートメントを使う際には、とにかくしっかりと洗い流すことが大切です。

特に頭皮や髪の根本は重点的にすすぎましょう。

また、使用中に背中や顔などについた場合には、そこも綺麗に洗い流さないと思わぬ肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。

肌が敏感な方や、頭皮にかゆみや炎症がある場合には、ノンシリコンのものを使ったほうが頭皮への刺激が少なくなるのでおすすめです。

しかし、ノンシリコンの商品は、シリコン入りのものと比べると指通りが悪くきしみやすく、洗い流した後毛先がパサつきやすくなってしまうため一概にノンシリコンが良いとも言えません。

自分の頭皮の状態や、髪質に合わせたものを選ぶのが一番良いでしょう。

 

自分に合ったコンディショナーやトリートメントの選び方

コンディショナーとトリートメントの違いはご存知でしょうか?

コンディショナーは、髪の外側をコーティングすることで、静電気やパサつきを抑え指通りのよい髪に導いてくれます。

そこまで髪のダメージがない人は、外側をコーティングしてくれるコンディショナーだけでサラサラな髪をキープできるでしょう。

一方でトリートメントには、髪の内側に栄養を与えることでダメージを修復する機能があります。

カラーやパーマなどで傷んだ髪には、定期的にトリートメントで髪の内側から補修してあげましょう。

繰り返し使うことで、髪本来のしなやかさを取り戻し、しっとりサラサラな美しい髪の毛を取り戻せるでしょう。

どちらも併用する場合は、先に髪の内側を修復してくれるトリートメントをつけ、よく洗い流した後に髪の外側をコーティングするコンディショナーをつけることでお互いの良さを最大限に発揮してくれます。

使うときには、頭皮になるべく付けないよう毛先を中心にたっぷりとつけ、少し時間を置くことをおすすめします。

髪の毛は、頭皮から生えてきますので頭皮が健康であることは、綺麗な髪の毛を育てる必須条件ということになります。

間違っても頭皮にべったりぬったりすることのないようにお気をつけくださいね。

おすすめシャンプーランキングはこちら

関連記事

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア方法

女性の薄毛ケア方法についての記事を全て見る

女性の薄毛ケア商品

女性の薄毛ケア商品についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る