コンディショナーのノンシリコンに騙されないで


コンディショナーに配合されているシリコンの役割

最近は多くのノンシリコンシャンプーが販売されていますが、ノンシリコンブームによりコンディショナーもノンシリコンの商品が誕生するようになりました。

以前の記事でもお伝えしましたがシリコンは体に悪くありません。(以前の記事はこちら)もちろん使い方次第では髪や頭皮に悪影響を及ぼす可能性もありますがそれはどんな成分も同じ。

そもそもシリコンをシャンプーやコンディショナーに配合する目的は髪をコーティングして手触り、ツヤをアップするためですが、コンディショナーの目的自体がダメージ修復や手触り、ツヤをアップする事なのでシリコンが配合されていないという事は必ずシリコンに代わる別の成分が配合されています。

またノンシリコンシャンプーを使ってから頭皮のかゆみやフケが収まったという声を良く聞きますが、シリコンが肌に刺激を与える事はないのでかゆみやフケはシリコンが原因ではありません。

頭皮のフケやかゆみの原因は乾燥や汚れが残っていることによる頭皮の炎症。シャンプーの洗浄力が強すぎたり、弱すぎたりすることが1番の原因となります。

カラダに害もなくコンディショナーの効果に必要なシリコンを配合しない事で商品の機能がアップしたり安全性が高まる事はないのです。

 

シリコンとシリコンの代わりに配合された成分の違い

シリコン以外に髪のツヤや手触りを上げる成分として「カチオン剤」「オイル」「ポリペプチド(PPT)」などがありノンシリコンシャンプーやコンディショナーにはシリコンの代わりにこれらの成分が配合されています。

カチオン剤とは界面活性剤の一種で表示成分名はジステアリルジモニウムクロリド、ステアラミドエチルジエチルアミン、ポリクオタニウム○○など。オイルはホホバ樹脂油や椿油、アルガンオイルなどが良くヘアケアアイテムには使用され、ポリペプチドとはアミノ酸が数十個結合したもので加水分解コラーゲンや加水分解シルク、加水分解ケラチンなどがあります。

成分によって特徴は様々ですがカチオン剤、オイル、ポリペプチドとシリコンの一番の違いは髪の吸着力(コーティング力)。シリコン以外の成分はシャンプーや水で落ちやすいのに対し、シリコンはコーティング力が強く水やシャンプーなどでは落ちにくいのです。

もちろん一言でシリコンと言っても沢山の種類あり中には水やシャンプーに落ちやすい物もありますが、ほかの成分に比べ髪のコーティング力を高くすることが出来ます。

また販売されているほとんどのコンディショナーは1つの成分だけでダメージ修復やツヤアップを行うのではなく、シリコンやオイル、カチオン剤、ポリペプチドを複数種類使用されているので組み合わせや配合量でその使用感は大きく変わってきます。

「○○成分が配合されているからorいないから」といった観点で商品を選ぶのではなくコンディショナーは髪のダメージ状態にあったものを選ぶことが大切です。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る