キーワードは細胞のストレス?女性の白髪の原因と対策法

キーワードは細胞のストレス?女性の白髪の原因と対策法

白髪はごく普通の老化現象によって色素を失ってしまいますが、遺伝的要素や病気、過度のダイエットなど体にストレスが加わることでも、髪の栄養が損なわれて白髪になってしまいます。

一度白髪になると、その髪が黒く戻ることはありませんし、次に生えてくる髪も白髪のまま発毛することになります。

白髪になるメカニズム、原因って何?

髪の色はメラニン色素によって決められることは知られていますが、黒髪でも漆黒から茶色に近い色まで様々です。

「ユーメラニン」という黒色メラニンと、「フェオメラニン」という黄色メラニンの2種類の配分によって色が決まります。

ユーメラニンが多ければ黒、フェオメラニンが多くなれば茶色っぽく明るい色になります。

しかし、白髪はどのメラニン色素も含まず真っ白の状態のまま伸びていきます。

頭皮からまだ毛が見えない毛根の中にある時の髪は、色素のない真っ白の状態です。

髪が作られる過程で、毛乳頭の細胞メラノサイトでメラニン色素が作られ、髪に色付けしていきます。

メラノサイトでメラニン色素を作るのに欠かせないのが、チロシナーゼという酵素です。

何らかの原因でこの酵素チロシナーゼが働かないと、メラニン色素が髪に色付けできなくなり、白髪になってしまいます。

細胞のストレスが白髪を招く?

髪の老化現象、遺伝要因、病気、食生活の乱れなどが白髪になる要因としてあげられます。

毛根の先にある毛乳頭のメラノサイトがメラニン色素を生成しない原因に、チロシナーゼ酵素の働きが関わっていることもわかりましたが、髪が抜けて新しく発毛する時の毛根、毛乳頭の細胞がうまく働いていないと、正しいヘアサイクルも作動せず、メラニン色素が髪に色付けすることも出来ません。

疲労や栄養不足、睡眠不足など細胞の活性を妨げる要因が、正常な発毛システムを崩し、黒髪になるメラニン色素の働きが出来ずに、白髪を作ることになります。


特別コラム
毛髪診断士が教える、ホームケアで薄毛を治す方法!
自身もストレスからくる髪の悩みに長年悩まされてきた田村マナが、同じように髪に悩む女性とたくさん接する中で編み出した「自宅でできる薄毛ケア」を教えます。

ホームケアで薄毛を治す方法

関連記事

おすすめの女性用育毛剤・育毛シャンプー
田村マナのアメーバブログで最新情報を見る

髪の毛の基礎知識

髪の毛の基礎知識についての記事を全て見る

自宅でのケア方法

自宅でのケア方法についての記事を全て見る

商品の正しい選び方

商品の正しい選び方についての記事を全て見る

ページ上部へ戻る